2012-05-09

古代史紀行 (講談社文庫)

時刻表マニアで乗り鉄の元祖・宮脇さんは古代史ファンでした

『時刻表2万キロ』などたくさんの鉄道関係の著作を遺した、時刻表マニアであり乗り鉄の元祖ともいうべき宮脇俊三さんが、日本とアジアの古代史の関連地を巡った一冊です。この方は、有名すぎるほど有名な鉄オタさんでしたが、古代史にまで興味をお持ちだとは知りませんでした。中央公論の編集長だった方ですが、サラリーマン時代に「日本の歴史」シリーズの担当をやったりしたことから歴史好きになったのだそうです。

この作品は、雑誌連載した「日本通史の旅」の中から、奈良時代までをまとめたものです。魏志倭人伝の時代から始まり(対馬)、奈良時代末期に活躍した道鏡や大伴家持が流された土地(下野と越中)を訪ねて終わります。奈良や京都、滋賀、九州などに丁寧に足を運んでいるのはもちろん、韓国や中国にまで行っています。奈良に来た時には、シルクロード博の開催中(酷評なさってます)だったり、中国行きの直後に天安門事件が起こったりと、時代を感じさせる描写も面白いですね。

また、さすがは時刻表マニアだけに、この古代史の旅全体が丁寧で綿密です。電車やバスを使って現地入りし、徒歩やタクシーで史跡を巡るのですが、徹底的に「年代順」にこだわります。つまり、いくども歴史の中心となった奈良などは、そのたびに訪れているという、贅沢というか無駄が多い行程をとっているんです。それだけ頑張っていながら、「せっかく行ったのにそれだけ?」と驚くほど素っ気ないくだりがあったりしますが、その丁寧さには驚きますね。

扱っているテーマは幅広く、対馬・出雲・金印・聖徳太子・壬申の乱・藤原不比等・長屋王・武蔵国分寺・坂上田村麻呂・道鏡など、思いつく関連の土地全てに行っているといっても過言ではないでしょう。歴史的な背景や個人的な感想など、淡々と綴っていらっしゃいますので、決して派手さはありませんが、古代史好きな方であれば楽しく読めました。20年前の様子を想像してみるだけでも面白いですね。


【古代史紀行 (講談社文庫)】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ