2012-02-08

図説 最新日本古代史

2008年の古代史本。短い章立てで比較的読みやすいです

2008年に発売された古代史本。弥生時代から長屋王までの長い時代を扱っています。一つのテーマを深く掘り下げるのではなく、短めの章立ててポンポンと展開していくので、最後まで飽きずに読めます。

邪馬台国の所在地などはもちろんですが、古代史の真相は未だに解明されていない点も多く、書き手によって立ち位置が変わるため、どの本も鵜呑みにすることはできません。本書では短めのセンテンスで断定口調で書いている部分も多いのがやや引っかかりますが、それと引き換えに読後の爽快感(=腑に落ちた感)もあります。その点さえ間違えなければ、とても楽しい一冊だと思います。

特に、初期ヤマト大権(古事記 中巻くらい)の記述は分かりやすいですね。当時の韓半島の状況が深く関わってくるだけに、今までおぼろげにしか理解できていませんでしたが、整理されていてとても読みやすかったです。河内王朝説や倭の五王の解釈など、これからもうちょっと深く調べてみようと思うきっかけになりました。

ちなみに、筆者の方の邪馬台国論争へのスタンスは、「倭国の首都は二つあった」説をとっています。卑弥呼が居た倭国は九州にあり、その死後、壱与が定めた新しい倭国の首都(=邪馬台国)は畿内にあった…と。なるほど。


【図説 最新日本古代史】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ