2012-01-24

へんないきもの

世の中の珍妙な生物を集めた大ヒット作。さすがの面白さです

知れば知るほど珍妙に思える生物たちを、文章:早川いくを氏、イラスト:寺西晃氏のコンビで紹介して大ヒットした作品。私は同コンビの最新作『カッコいいほとけ』から先に読みましたが、『へんないきもの』はヒットするわけですよ。間違いなく面白いです。

不死身の生物として話題を集めた「ぼくとつな名前の超生命体クマムシ」など、この本がブームの火付け役になったのかどうかは分かりませんが、確かに改めて特長を見てみると変わっています。仮死状態になることで150度の高熱にも、絶対零度にも、真空にも乾燥にも、6千気圧にも放射線にも耐えるというスペシャル生命体なんですから、プロフィールを見るだけで楽しいですよね。また軽やかで、良い感じにふざけた文章がより「へんないきもの」感を盛り上げています。

この他にも、進化論から外れたような「アカエラミノウミウシ」、珍妙な形の「ヨツコブツノゼミ」、投網漁をするクモ「メダマグモ」、ほぼ全身が足の「ウミグモ」、1回食事を抜けば死んでしまう「トガリネズミ」、名前に反して裸でも象でもクラゲでもない「ハダカゾウクラゲ」など、どれも興味深いです。

気軽に読める一冊ですので、未読の方はぜひ!


【へんないきもの】の関連記事

  • 『「町中華とはなんだ」など、2017年春ごろに読んだ本(5冊)』~〆切仕事術・本の時間を届けます・二畳で豊かに住む・コクヨのシンプルノート術~
  • 『2017年2月ごろに読んだ本など(5冊)』~『usao漫画』『つげ義春: 夢と旅の世界』『世界をたべよう! 旅ごはん』など5冊~
  • 『2016年の年末ごろに読んだ本など(5冊)』~別冊太陽の長沢芦雪など、アート系を中心に。まとめて5冊ご紹介します~
  • 『ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法』~小さく稼いで小さく暮らす。「ニート暮らしも悪くない」と思える一冊~
  • 『2016年5月に読んだ本(5冊)』~やる気と集中力・年収100万円生活・フランス人は10着しか…など~
  • 『2016年4月に読んだ本(5冊)』~小さな出版社・ロングトレイル・ドイツ式部屋づくりなどなど~
  • 『JAPAN CLASS―一方、そのころ日本では…』~海外の掲示板が伝える「日本のこんなところがスペシャル」。気軽に読めるムック本です~
  • 『路上の芸術【復刻版】』~2005年のマンホール本の復刻版。鑑賞よりは、下水道やトイレの歴史の解説がメインです~
  • 『大阪夜景』~ひたすら大阪の夜景を紹介する写真ガイド本。バリエーションも豊富で、さすが大阪です!~
  • 『マンホールの博物誌』~マンホールや下水道の技術や歴史などを解説した一冊。妙に豪華でかなりお固い内容です~
  • 『地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書)』~現代の「地方都市」の若者の意識を分析した一冊。私の時代ともまた違った若者像があります~
  • 『DT (角川文庫)』~DT=「童貞」。みうらじゅんさん・伊集院光さんが童貞的ライフスタイルを語りつくします!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ