2011-12-09

もっと知りたいはにわの世界―古代社会からのメッセージ (アート・ビギナーズ・コレクションプラス)

プリミティブな「埴輪」たちを初心者にも分かりやすく解説

プリミティブな造形に心惹かれる「埴輪」たちを、分かりやすく分類・解説した一冊。歴史区分ごとに、埴輪の意味や造形がどのように変遷していったのか、またどこにどんな形で祀られたのかなど、埴輪初心者にも理解しやすい良書でした。

私自身、周囲が古墳だらけの奈良県民なので、古墳の成り立ちなどは興味を持っていましたが、奈良の古墳から出土する埴輪は、円筒形のやや地味なものが多く、これまでほとんど注目してきませんでした。しかし、生前の家をそのまま埴輪で表したようなものが登場するだけではなく、少し時代と場所を移して、関東以北では大量の埴輪を意味を持たせて配置し、まるで群集劇のようなシーンを作っていたのだそうです。

人物でも身分や職業ごとに様々なタイプが作られ、動物(馬犬鶏犬猪魚牛鹿など)などもバリエーションが豊富になっていく様がよく伝わってきました。

ちなみに、埴輪が誕生したきっかけとして語られる、「垂仁天皇の世、殉死を無くすために野見宿禰が埴輪を作ることを提唱した」というエピソードは、根拠が薄いとのこと。日本では古墳の周りから殉死の痕跡がほとんど見つかっていない、人物埴輪・馬型埴輪が作られるのは比較的後の時代になることなどの理由から、後に土器制作などに携わった土師氏が祖先を称えるために作った話と考えられているそうです。知らなかった!


【もっと知りたいはにわの世界―古代社会からのメッセージ (アート・ビギナーズ・コレクションプラス)】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ