2011-08-25

古代史 謎めぐりの旅 出雲・九州・東北・奈良編

古代史スポットの分かりやすいガイド本。南北へ遠征したくなります

書店で古代史コーナーへ行くと、この本の著者・関裕二さんの著書で埋め尽くされている…と言っても過言ではないほど多作。そんな方が、全国の古代史関連の施設を、鉄道オタの風味を交えながらガイドしたのがこの本です。このシリーズにはもう一冊あり(奈良・瀬戸内・東国・京阪編)、奈良が分かれているのでちょっと読みづらいですね。

内容は、古代史に名前が登場するような遺跡や寺社仏閣などを、見開き2ページの文章で地域ごとに紹介し、次の2ページで画像などを掲載しています。「●泊のツアーだったら」といった設定があって、それに合わせて各地を回っています。各施設の細かい情報が掲載されているワケではありませんので、この本で目星をつけてから、情報をネットで探す、という使い方をするべきでしょう。

この手の本は何冊も読んでいますが、記紀だけではなく、東北や北陸の縄文遺跡もしっかり紹介されているのがいいですね。もちろん、出雲・宮崎・九州と、主たる舞台となった土地についても触れられていますので、古代史ツアーに出かける前には目を通しておきたい一冊でした。


【古代史 謎めぐりの旅 出雲・九州・東北・奈良編】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ