2011-08-02

壬申の乱を歩く (歴史の旅)

古代日本の内乱「壬申の乱」の戦の足跡を丁寧にたどった一冊

672年に起こった、古代日本の最大の内乱「壬申の乱」。1350年も経った今、古い文献に残る戦の足跡を丁寧にたどっています。

壬申の乱を物語として読むと、大海人皇子(後の天武天皇)と鸕野讚良(後の持統天皇)が吉野へ出奔。天智天皇の死後、鈴鹿と美濃の要所を抑え、近江の大友皇子に勝利する、こんな流れに過ぎません。しかし、地図上でたどると、大津宮から吉野への100km近い道のりをどのルートで入ったのかなど、視覚的に理解できます。

少人数とはいえ、女性連れで険しい芋峠などを超えなくてはいけないのですから、大変だったことは間違いないでしょう。そんな一行が、追手の影を気にしながら、現在の24号線の辺りを真っ直ぐ南下して飛鳥を抜けて…と想像すると、一気にリアリティーが増してきます。また、実際の戦闘(大海人は戦いには参加していません)の様子や場所なども細かくたどっていて、意外なほど呆気ない結末だったことも分かります。

正確な場所すら不明になっている壬申の乱の関連地ですが、この本があれば戦国時代の合戦のように、その足跡を追うことができます。かなりマニアックな内容ですが、古代史好きな方は一読してみるといいでしょう。


【壬申の乱を歩く (歴史の旅)】の関連記事

  • 『ヤマト王権誕生の礎となったムラ 唐古・鍵遺跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」135)』~唐古・鍵遺跡の発掘の歴史や特徴が解説されたドキュメンタリー的な一冊~
  • 『倭の五王 - 王位継承と五世紀の東アジア (中公新書) 』~倭の五王(讃・珍・済・興・武)が使者を派遣した意図は?当時の国際情勢から読み解いた一冊~
  • 『悲劇の皇子(みこ)たち (日本書紀を歩く1)』~有間皇子・大友皇子など、非業の死を遂げた22人の皇子たちを淡々と紹介~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『ときめく縄文図鑑 (ときめく図鑑+)』~土偶や土器、装飾品など、可愛くわかりやすく紹介。初心者さんにもお勧め!~
  • 『土偶のリアル――発見・発掘から蒐集・国宝誕生まで』~土偶を発見した人々などを描いた17の文章。愛情が伝わってきます!~
  • 『古墳時代 美術図鑑 (別冊太陽 日本のこころ)』~古墳時代の物たちを美術的に見つめ直した一冊。美しくて読み応えあり!~
  • 『日本人はどこから来たのか?』~日本人の祖先はどのルートで渡ってきたのか?興奮できる一冊です!~
  • 『古代天皇誌』~神武~桓武天皇まで、古代の天皇を解説。やや駆け足で消化不良感も~
  • 『「古代史」ミステリーツアー (だいわ文庫)』~古事記・邪馬台国・蘇我氏など、古代史を17のテーマで解説。分かりやすい内容です~
  • 『瓦と古代寺院 (臨川選書)』~古代寺院の姿を、発掘調査の結果と出土した瓦から読み解いた一冊。やや難解です~
  • 『古代天皇陵の謎を追う』~関東の大塚初重先生が、関西の古代の天皇陵について語った一冊。興味深い内容です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ