2015-06-18

これだけは見ておきたい 日本の産業遺産図鑑

全国の満遍なくセレクトした近代化遺産探訪ガイド。読みやすくシンプル。手始めに最適です

「富岡製糸場と絹産業遺産群」「九州・山口の近代化産業遺産群」と、世界遺産の話題が続き、日本の近代の産業遺産が注目を浴びています。

本書は、そんな物件の調査にも関わっている筆者による、全国の近代化遺産探訪ガイドです。各施設を見開き2ページづつ(1ページのものも)紹介。できる限り全国から満遍なく掲載し、道路から見えないもの、軍事関連のものは除外してセレクトしているとか。

この手の本は何冊も読んでいますが、まだまだ知らない施設があるものですね。行ってみたいリストがまた充実しました!


説明文:「ものづくり日本を支えた、強くて美しい「かたち」。いま見ておくべき全国の遺産を、美しいカラー写真とわかりやすい解説で地方ごとに紹介する決定版。」


掲載されているのは、北海道から沖縄までの74の近代の産業遺産です。軍艦島のような有名なものから、初めて名前を聞いたようなものまであり、とても楽しく読めました。

あまり難しい専門用語は使用されていませんし、写真と短めのテキストで解説していくため、この本だけで完結するのではなく、さらに調べていくための取っ掛かりとしてちょうどいい感じです。

残念ながら、奈良のものは一つも選ばれておらず、関西エリアからは、近鉄宇治山田駅本屋・宇治川電気志津川発電所・琵琶湖疏水・梅小路蒸気機関車庫・長浜鉄道スクエア(長浜駅舎)・南海電気鉄道南海本線駅舎・生野銀山と鋳鉄橋が掲載されていました。

「南海電気鉄道南海本線駅舎」として紹介されている堺市の浜寺公園駅の駅舎は、奈良ホテルなども手がけた辰野金吾の設計だとか。レンガ造りを得意とした方ですが、こちらは木造の小さく華奢な雰囲気の駅舎です。近いですし、ぜひ観に行きたいですね!

また、なかなか行けない位置にあったりしますが、気になったものだけメモ的に。

●北海道稚内市「稚内水陸連絡設備防波庇(北防波堤ドーム)」。乗船用の桟橋にかけられた、古代ギリシア神殿のような波よけの庇

●栃木県野木町「旧下野煉火製造会社煉瓦窯」。モンゴル式テントのような円形の建物で、煉瓦を焼くための「ホフマン式輪窯」というもの

●静岡県静岡市「清水港テルファー」。屋外に設置された荷揚げ用のクレーンの設備。ジェットコースターのような鉄骨がむき出しになっている

近代化遺産というと、どうしても建物に目が行きがちですが、こんな構造物が今なお残っているのも面白いですね。

気軽に読める内容ですので、お好きな方はどうぞ。



【これだけは見ておきたい 日本の産業遺産図鑑】の関連記事

  • 『住み継ぐ―藤岡建築研究室の改修・再生と新築―』~町家の改修・再生の10軒の実例。古材を活かした「住み継ぐ」価値のある家の美しさは感動的です~
  • 『図解 ここが見どころ! 古建築』~古建築の見どころを実例を挙げて細部まで解説。これは分かりやすい!~
  • 『日本の最も美しい名建築』~近代名建築を集めた大型本。宮殿風・赤レンガ・擬洋風など、美しさにため息が出ます~
  • 『これだけは見ておきたい 日本の産業遺産図鑑』~全国の満遍なくセレクトした近代化遺産探訪ガイド。読みやすくシンプル。手始めに最適です~
  • 『日本木造遺産 千年の建築を旅する』~美しい木造建築物が続々と。大判で写真も美しく、藤森照信氏の解説もさすが。良書です!~
  • 『ヴォーリズ建築の100年―恵みの居場所をつくる』~近代建築家ヴォーリズの作品をまとめた一冊。教会建築から大丸大阪心斎橋店まで多彩です!~
  • 『岩崎平太郎の仕事: 近代・奈良の建築家』~吉野出身の近代建築家・岩崎平太郎の仕事をまとめた一冊。吉野駅・畝傍高校などが残ります~
  • 『藤森照信×山口晃 日本建築集中講義』~建築探偵×気鋭の画家が、日本全国の名建築を見て歩いた記録。行きたい建物がいっぱい!~
  • 『失われた近代建築 I 都市施設編』~すでに取り壊されてしまった美しい近代建築の写真集。「奈良県庁舎」とか惜しかった…~
  • 『東京R不動産』~ユニークな物件のみを紹介する不動産屋の本。改装可能・レトロなど、どれも魅力的です!~
  • 『看板建築・モダンビル・レトロアパート』~全国の看板・商店建築など、レトロ建築300件以上を掲載した写真集。たまらない一冊です!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ