2015-04-10

名文で巡る国宝の十一面観音 (seisouおとなの図書館)

和辻哲郎、亀井勝一郎、白洲正子など、十一面観音についての名文を収録。読み応えあり!

十一面観音や弥勒菩薩など、国宝に指定されている仏像について書かれた文章について、それぞれの仏さまごとにまとめたシリーズの一冊。和辻哲郎さん、亀井勝一郎さん、白洲正子さんなどの文章は読んでいますが、それ以外の方のものはあまり記憶にありませんでしたので、こうして並行して拝見できるのは面白いですね。


説明文:「今なお読み継がれる名著だけでなく、絶版本や稀少本からも多数収録しました。国宝所蔵の寺への「旅の手引き」や「県別地図」「仏像の見方」などのページも充実。いままでにない「古くて新しい」古寺・名刹ガイドブックです。」


本書で取り上げられるのは、日本で「国宝」に指定されている7体の十一面観音像です。

奈良の室生寺・法華寺・聖林寺、滋賀の向源寺、京都の観音寺・六波羅蜜寺、大阪の道明寺。六波羅蜜寺の像など、通常は一般公開されていない秘仏も含まれているため、このすべての方たちとお会いするのはなかなか難しくなっています。

奈良の仏さまについては、書き手も多士済済で豪華です。先に名前を挙げた方以外にも、佐多稲子さん、陳舜臣さん、杉本苑子さん、会津八一さん、永井路子さん、立原正秋さんなど、名文が並びます。

しかし、秘仏の六波羅蜜寺像や、やや知名度で劣る道明寺像となると、それほどたくさんの書き手がいらっしゃらないのか、前者は津田さち子さん、後者は井上靖さんの、それぞれ短めの文章が掲載されているのみでした。こういう点からみても、奈良の仏さまの特別さが感じられます。

それぞれの描写を観ていくと、やはり和辻哲郎さんの「古寺巡礼」の描写はずば抜けていますし、亀井勝一郎さんの「大和古寺風物詩」、白洲正子さんの「十一面観音巡礼」も、先人とはまた違った視点があって面白いですね。

仏像好きな方は、写真集を手にする機会は多いと思いますが、こうしたエッセイで読んでみると、また違った印象があります。やや難しい表現も混ざりますが、ぜひ手にとってみてください!



【名文で巡る国宝の十一面観音 (seisouおとなの図書館)】の関連記事

  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~
  • 『名文で巡る国宝の十一面観音 (seisouおとなの図書館)』~和辻哲郎、亀井勝一郎、白洲正子など、十一面観音についての名文を収録。読み応えあり!~
  • 『仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)』~仏像の顔の時代ごとの特徴と変遷を解説。言葉では難しいものですが、明快で的確でした~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ