2014-09-05

暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)

伝奇漫画の巨匠・諸星大二郎さんの、古代神話モチーフの作品。土着のうす暗い雰囲気がいい!


伝奇漫画を描き続けている巨匠・諸星大二郎さんが、1976年に発表した、日本の古代神話をモチーフにした、日本土着のうす暗い雰囲気が全編に漂うマニアックな作品です。この方の漫画は何作が読んでいますが、これも面白いですね!

つい最近、「別冊太陽 太陽の地図帖」シリーズとして、作者がこの漫画の舞台となった土地を訪ね歩く『諸星大二郎: 『暗黒神話』と古代史の旅』という本が発売されました。こんなマニアックな漫画を、今さら大々的に扱うのもすごいです!編集部の方、思い切りましたね。

ちなみに、この作品は、1976年に週刊少年ジャンプで連載されていたとか。とてもジャンプの誌面を飾っていたとは思えない内容で、すごい時代だったんだと驚くばかりです(笑)


説明文:「武を脅かす、蛇形の肩の傷―。それはまぎれもなく、全宇宙を動かす権利と力を受ける者“選ばれた者"の聖痕だった。謎の老人・竹内に導かれ、出雲をめざす武を待ち受けていた運命とは…! ? 表題作他「徐福伝説」を収録。」

絵のタッチもストーリー展開も、さすがに古臭さは感じるものの、壮大なお話がちゃんと一点に向かって収束していくのはさすがです。細かい内容は明かしませんが、古代や日本神話がお好きな方であれば、とても楽しめると思います。

残念なのは、文庫本一冊で収まってしまうほど、短くまとまっていることです。このストーリーでしたら、もっともっと丁寧に描いて大作とすることも可能だったでしょう。短い分だけ読みやすくなっていますので、興味のある方はぜひ!



合わせて『別冊太陽 太陽の地図帖 諸星大二郎: 『暗黒神話』と古代史の旅』も読んでみたいと思います。


【暗黒神話 (集英社文庫―コミック版) 】の関連記事

  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)』~ダンジョンで倒したモンスターを食べる。これだけなのに面白い!ダンジョンRPG好き必見!~
  • 『花よりも花の如く (1) (花とゆめCOMICS)』~「能」をテーマにしたコミック作品。演目や裏側も含めて分かりやすく描いた良作です!~




" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ