2014-03-23

ポーの一族 I 萩尾望都Perfect Selection 6

永遠に少年の姿で生き続けるバンパネラを描いた懐かしの少女漫画。今読んでも面白い!

萩尾望都(はぎおもと)さんによる少女漫画作品『ポーの一族』(Wikipedia)。最初の作品が発表されたのが1972年で、永遠に少年の姿で生き続けるバンパネラ(吸血鬼)エドガーを主人公として、当時の少女漫画としてはかなり異質なテイストで人気を博した作品です。

その昔、私は少女漫画とはほとんど接点はありませんでしたが、この作品だけは大好きでした(確かSF雜誌にオススメ作品として紹介されていたのだと思います)。久々に読み返してみましたが、その不思議な魅力はまったく色あせていません。

ストーリーについて詳しくは語りませんが、18世紀の貴族社会から現代まで、時間が交錯します。主人公は永遠に少年の姿ですが、周りを取り巻く人間たちは次々に代替わりしていきますし、オムニバス形式で時間が前後して語られたりするため、やや流れが把握しづらい部分もあります。

しかし、連載前半のいかにも1970年代の少女漫画らしい、美少年を描く耽美な世界観もいいですし、後半のバンパネラに関わった者の子孫たちがその正体を探るくだりも面白いです。誰にでもお勧めできる作品とは言えませんが、大の大人が読んでも十分に楽しめる名作であることは間違いありませんね。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


なお、今回は図書館にあった「萩尾望都Perfect Selection」という全集のものを借りてきて読みました。ポーの一族は『ポーの一族 II 萩尾望都Perfect Selection 7』との2巻で完結していて、その他には『トーマの心臓』などもラインナップされています。このシリーズはサイズが大きめのため、老眼が入ってきた私にもとても読みやすかったです(1冊あたりかなり重量がありますが)。


文庫本サイズの『ポーの一族 全巻セット (小学館文庫)』(3巻セットで完結)は、もっとリーズナブルに手に入るようですから、興味のある方はぜひ!


【ポーの一族 I 萩尾望都Perfect Selection 6】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ