2013-08-18

陰陽師 (1) (Jets comics)

陰陽師・安倍晴明の活躍を描いたコミックス。全13巻で、前半は文句なしの傑作!後半は…

夢枕獏さんの小説『陰陽師』を原作として、岡野玲子さんが漫画化した作品です。全13巻。連載開始が1993年とのことですから、今からだいぶ前の作品ですが、内容はまったく古びていません。平安時代を生きた陰陽師・安倍晴明(921年~1005年)が、怨霊や魑魅魍魎と相対する様子が活き活きと描かれています。


説明文:「平安の都では、奇妙な出来事が次々と起きていた。巨大な蜘蛛が牽く車が姿を現し、妊婦が、たてつづけに腹を裂かれて殺された。そんななか、顔にできた瘡が突然しゃべりだした平貞盛に晴明と博雅が呼び出される。それらは、やがて都を滅ぼす恐ろしい陰謀へと繋がっていく…。注文の新人漫画家、睦月ムンクによる陰陽師シリーズの傑作長編が今始まる! !」


なお、私は原作も読んでいませんし、映画も観ていませんので、そちらと比較はできませんが、少なくとも「原作も映画も観てみたい」と思わせるだけの熱気はありました。岡野さんの絵も素敵ですし、迷信や怨霊、呪術、怪異がはびこる平安京の人々の姿が鮮やかに描き出されており、歴史好き・妖怪好きな方は必読でしょう。怨霊の親玉である菅原道真公も素敵です!

しかし、私個人の感想としては、物語の前半はものすごく楽しいです。短編を積み重ねていくスタイルですが、どれもワクワクしながら読めます。また8巻では、雨乞いのため全国の水の社を参拝して周るという回ですが、東大寺・お水取りの水が送られる若狭から、龍穴神社・丹生神社などをめぐっていきます。奈良好きな人間にとっては嬉しいルートで、楽しく読めました。

しかし、10巻のあたりからすっかりついていけなくなりました。それまで平安テイストあふれる怪しい活劇が続いていたのに、突如として観念的になり、晴明がどこへ向かっているのか意味が分からなくなります。「戸惑った」という感想がぴったりですね。

原作を読んでいる方も同じような感想をお持ちのようで、ネタバレも含まれますが、興味がある方は(ネタバレも含まれますが)以下のページなどを読んでみるといいかもしれません。

岡野版陰陽師は何故あそこまで暴走してしまったのか - 空風
陰陽師 (13) (Jets comics)(最終巻のレビューが物語ってます)

全13巻ありますが、採点するとすると、前半は文句なしに満点です。しかし、後半はページを追うだけで精一杯で、途中で何度も投げ出しそうになったほどです。原作を読んだ後、勇気が出たらもう一度最後まで読みなおしてみたいですね(笑)


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【陰陽師 (1) (Jets comics)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ