2013-06-24

聖徳太子 (1) (中公文庫―コミック版)

「ベルばら」の池田理代子さんが描いた聖徳太子。比較的ストレートで読みやすいです

「ベルサイユのばら」で有名な池田理代子さん(Wikipedia)が描いた聖徳太子像。太子を主人公としたストーリーらしく、ところどころでエスパー的な描き方もされますが、特に気になるほどではありません。史実に沿っているかどうかはともかく、事情を知らない方が読んでも驚くほどではないと思います。

その一方の、聖徳太子モノの金字塔、山岸凉子さんの『日出処の天子』(Wikipedia)は、超能力者であったり、同性愛の香りがしたりと、かなり独自路線を突き進んでいました。どちらも面白い作品なんですが、盗作疑惑とかあったんですね。調べてみて初めて知りました(池田理代子『聖徳太子』盗作検証Wiki )。

そんな事情はありつつも、池田版聖徳太子も十分に面白い作品ですから、この時代がお好きな方は読んでおく価値はあるでしょう。奈良の図書館であれば置いてある可能性がありますので、ぜひ探してみてください!

ちなみに、文庫版は5巻まで、旧版や新書版は7巻までと違いがあるようですのでお気をつけください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【聖徳太子 (1) (中公文庫―コミック版)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ