2013-05-21

チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)

ルネッサンス期のイタリアの政治家の生涯を描いた骨太の歴史漫画。重厚で面白い!

女性漫画家「惣領冬実(そうりょうふゆみ)」さん(Wikipedia)が、中世のイタリアを舞台に描く歴史漫画。連載は続いており、9巻までを読了しました。重厚な展開で読み応えは抜群ですね。気軽にササッと読み流すようなものではありませんので、歴史好きな方にはオススメです。


----
説明文:「新説チェーザレ・ボルジア伝。本邦未訳『サチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝』(イタリア語原書)を精査し惣領冬美が描く、華麗なるルネッサンス絵巻。歴史の闇に葬られた人類史上、最も美しき英雄、チェーザレ・ボルジアの真実が甦る。新鋭ダンテ学者・原基晶が監修。世界的に最も定評のあるサチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝のイタリア語原書を翻訳し、精査を重ね生まれた全く新しい物語。」
----


主人公の「チェーザレ・ボルジア」は、イタリアのルネッサンス期の政治家です。彼の生涯を架空の人物なども交えながら、細部まで緻密な調査を行い、史実に忠実に描いているそうです。

ちなみに、私は世界史が大の苦手で、ルネッサンス期のヨーロッパの様子など、今までさっぱり分かりませんでした。教皇と皇帝の対立関係、レコンキスタ、十字軍、コンクラーヴェなど、ほとんど何も知らなかったのですが、この漫画をじっくりと読んでいくと、少しずつ染み渡ってくるようです。舞台も登場人物もほとんど馴染みのないものばかりですから、さすがに読み進めるのは根気がいりましたが、かなり楽しめました。

ストーリー自体が陰謀や策略が渦巻く世界ですので、あまり深くまで読み込んだりしなくても、また歴史を知らなくても十分に楽しめるでしょう。

この時代のヨーロッパにはまったく興味が無かったのですが、この作品の周囲をあれこれ調べて行きたくなりました。誰にでもオススメできるものではありませんが、歴史好きな方はぜひ手にとってみてください。作者さんの本気度に圧倒されますよ!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ