2013-05-17

当尾の石仏めぐり―浄瑠璃寺・岩船寺の四季

当尾エリアの石仏・石造物を写真集兼資料集。石灯籠なども解説されているのが面白いです

京都南部の古刹・浄瑠璃寺~岩船寺の「当尾(とうの)」の石仏・石造物を写真集兼資料集。このエリアにはたくさんの石仏が残されていますが、それらを大きめのカラー写真を使用して、はっきりと見せてくれます。さらに、五輪塔や石灯籠や石鉢など、知らなければ通りすぎてしまいそうな石造物も紹介していて、とても興味深いですね。


説明文:「浄瑠璃寺から岩船寺周辺の当尾石仏を豊富なカラー写真で紹介する。初めて当尾を散策するハイカーだけでなく、石仏や石造美術の研究者にも利用してもらえるよう、巻末に金石文などの資料や、石仏データを収録。」


掲載数は60弱。もともと奈良の近郊は石仏などが多く見られますが、さすが石仏の里・当尾のものは数も種類も多いですし、美しい造形のものが美しい状態で遺されています。特に気になったのは「森八幡線刻不動明王・毘沙門天」(鎌倉後期)です。線彫りの石仏は少なくありませんが、ここまで鮮やかに線が遺っているのは珍しいかも。毘沙門天の躍動感あふれる描写も素晴らしいです!

また、浄瑠璃寺の本堂前の石灯籠と、池を挟んで対岸にある塔前石灯籠が紹介されており(どちらも南北朝時代の作)、それぞれの違いが解説されているのも面白いですね。本堂前のものは「中台や笠がやや小ぶり」で、塔前のものは「この時期の石灯籠の代表的名品」なんだとか。今度お詣りに行ってじっくりと観てみます!

全体的にそれぞれ年代や形の特徴などが解説されていて、とても読みやすいですね。写真集として見ていても楽しいですし、散策の際のガイドブックとしても使用できるでしょう。2000年に発売された本なので、なかなか店頭では見つからないと思いますので、図書館かネットで探してみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【当尾の石仏めぐり―浄瑠璃寺・岩船寺の四季】の関連記事

  • 『ミズノ先生の仏像のみかた』~顔のパーツなど細部にも注目し、脱・仏像初心者に最適!良書です!~
  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ