2013-04-10

運慶 リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)

天才仏師「運慶」の全仕事を美しい画像で分かりやすく。運慶の入門書に最適です!

山本勉先生による大仏師「運慶」の全仕事を分かりやすく、興味深くまとめた一冊。この本のベースとなった「芸術新潮」の回を持っているので、これは読まなくてもいいか…と後回しにしていましたが、やっぱりこちらも手元に置いておきたいですね。読みやすくて面白いです!


説明文:「みうらじゅん「カッコよくて、グッとくる。それが運慶。」日本の仏像史上、ただひとり「天才」と呼ばれる仏師・運慶。東大寺の仁王像・重源像、興福寺の無著・世親像……神わざのノミさばきが生みだした物言わぬ彫像たちの、何と雄弁なことか。平安から鎌倉という歴史の曲がり角に生き、新時代の美をもたらした軌跡をたどる。現存する全31体の詳細解説&新発見!?の運慶仏も紹介。」


雑誌掲載の内容に、みうらじゅんさん、ヤノベケンジさんらの文章が追加されていますが、これ自体はそれほど面白いものではありません。現存する全31体が詳細な画像とともに丁寧に解説されており、運慶の偉大さが分かりやすく伝わってくるのが素晴らしいですね。巻頭の橋本麻里さんの「運慶はなぜ天才なのか 一気に分かる日本仏像史」と、巻末の山本先生の「新発見!?運慶仏はまだあらわれる」も、濃い内容でいいですね。

新たに運慶仏と認められそうな作品としては、東京国立博物館と静嘉堂文庫美術館に分蔵されている、京都・浄瑠璃寺の伝来の「十二神将立像」があります。明治時代の新聞記事に、この像の腹内から運慶の銘文が見つかったというものがあったのだとか。この像の造像は1212年頃のこと。

これが事実だとすると、これまでは康慶一門が作ったと見なされてきた興福寺・南円堂の四天王立像も、運慶一派の作である可能性が高くなるそうです。この四天王像はもともと南円堂にあったわけではなく、当初は興福寺・東金堂にあった定慶作のものと考えられてきたそうです。しかし、そうではなく、当初は興福寺・北円堂に祀られていたものだという説が出てきて、これが有力視され始めているとか。運慶作だからといって仏さまの姿は変わるものではありませんが、仏像ファンとしてはワクワクしますよね。

本書では、編集者と山本先生の対話形式で、運慶の生涯を追っていますが、とても分かりやすいですし、ドラマチックなんですよね。

中世の仏師は、その多くが平安時代末期の大仏師・定朝(じょうちょう)の分派のような存在です。奈良仏師の一門はその正統ともいえる血筋でしたが、運慶の父・康慶(こうけい)の時代に、正統な継承者である成朝から、跡目を禅譲(緩やかな簒奪?)されて主流となりました。弟子筋が本家をのっとった形ですね。奈良を発祥とする名門というと、能の世阿弥などもそうですが、この辺りのドラマは本当に面白いです。情報がちゃんと整理されていて、とても理解しやすかったです。

運慶が活躍した時代は、「運慶以外はすべて定朝様式」というほど、定朝(作品は平等院鳳凰堂の阿弥陀如来像が現存するのみ)が確立した技法が幅を利かせてるいました。そんな中で、京の都から距離のある大和の土地だからこそ、それまでの様式を打ち破ることもできたのでしょうし、鎌倉武士たちが勃興した時代に合った作風を確立できたのでしょう。

鎌倉幕府が設立して、一気に運慶一派の重用が始まりますが、本書に「平家の時代には源氏打倒を祈願した仏像を作っていた京仏師たちとは、距離を置きたかったのではないか」という指摘などもあり、腑に落ちました。

こんなややこしいことばかりではなく、美しい画像を豊富に使い、とても分かりやすく運慶の生み出した力強い仏像を紹介していますので、初心者の方も見ていて楽しめるでしょう。鎌倉・静岡・高野山などとともに、奈良の興福寺・東大寺には素晴らしい運慶の作品が多数遺されていますので、ぜひこの本で予習してからお参りしてみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【運慶 リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)】の関連記事

  • 『ミズノ先生の仏像のみかた』~顔のパーツなど細部にも注目し、脱・仏像初心者に最適!良書です!~
  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ