2013-01-19

乙嫁語り(1)

19世紀の中央ユーラシアの遊牧民の生活を描いた作品。精緻な絵もストーリーも極上!

19世紀の中央アジアを舞台に、12歳の少年のもとに嫁いだ20歳の少女のお話です。…と聞くと、ピンと来ないものすごい遠い世界のストーリーのように思えますが、それを読ませるだけの画力とストーリー展開の妙味があります。以前から話題になっていた漫画ですが、ようやく4巻まで読了しました。すぐに続きが読みたいです!(5巻が出たばかりなんです)

説明文:「中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!」

この時代の遊牧民族の暮らしぶりに関して、私は全く知識はありませんし、ほぼ興味もありませんでした。しかし、この作品が描き出す世界(フィクションです)は、キラキラと眩しいくらい生の痛みと喜びがあふれています。架空の人物が架空の世界で動いているんですが、それがここまでいきいきと感じられるのですから、すごいことですね。

精緻な書き込みがなされた絵の力も大きいですね。布や建物など、細かいところまでみっちりと精密に描かれており、そこがどこかしらユーラシアっぽさを増長しているのですから不思議です。森薫さん(「エマ」を描いた方)の作品を読むのは初めてでしたが、こういう絵が書きたいからこの題材を選んだんでしょうね。作者さんが大好きなことを楽しみながら描いているのが伝わってくるようで、読んでいるこちらまで楽しくなります。

地球上のどこかへトリップできる壮大なフィクションとしてとても楽しく読めました。好き嫌いはあると思いますが、まずは1巻だけでも手にとってみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【乙嫁語り(1)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ