2012-09-03

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

鎌倉を舞台にした家族の喪失と再生の漫画作品。四姉妹の距離感が絶妙な愛すべき物語です

『BANANA FISH』などで知られる漫画家・吉田秋生さんの作品。レンタルコミックで4巻まで読了しました(まだ連載は続いています)。一度読み終わった直後に、もう一度最初から読みなおしてしまったほどの素晴らしさでした!

鎌倉に住む香田三姉妹は、幼い頃に両親が離婚し、父と離れ離れになったばかりではなく、母親も家を出て没交渉になっているという、複雑な家庭に育ちました。しっかりものの長女(30歳)、酒飲みの次女、変わり者の三女のもとへ、遠方で再々婚していた父の訃報が届き、異母妹すず(13歳)と対面。後に鎌倉での同居生活が始まります。すずが通う学校とサッカークラブの話、チームメイトの難病や淡い恋などが語られるとともに、三姉妹それぞれの仕事や恋愛模様が描かれています。

全体的に淡々と冷静さが感じられるトーンで、四姉妹の生活を丁寧に描き、上質な映画を観ているようですね。設定からして昭和初期ごろの映画のようでもあります。

それぞれの性格付けがしっかりしていて、遠くから見守りたくなるような愛着すら感じさせます。ダメな大人も何人も登場しますが、そんな人たちまで愛したくなるほどの優しく愛おしい物語ですね。また、古都・鎌倉を舞台にしているのも、イメージが膨らむ大きな要因になっています。

個人的に、吉田秋生さんの作品はデビュー当時から大好きでした。残念ながら『BANANA FISH』の途中までしか読めていませんが、初期のオムニバス『夢見る頃を過ぎても』や、『吉祥天女』の妖しげな雰囲気も大好きです。今でも好きな漫画ベスト10を挙げろと言われれば、間違いなく『河よりも長くゆるやかに』を入れたいと思うほどです!そんな作者さんが、何年も後にこんな素晴らしい作品を描いているなんて、ちょっと感動的でした。

決して重すぎず軽すぎず、絶妙な距離感で「家族の喪失と再生のものがたり」を描いた作品ですので、普段はあまり漫画を読まない方にもオススメです!ぜひ手にとってみてください。


【海街diary 1 蝉時雨のやむ頃】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ