2012-02-25

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

ハチクロ作者による将棋漫画。さすがは人気作品!面白い!

『ハチミツとクローバー』の作者・羽海野チカさんの人気コミック。レンタルコミックで6巻まで読了しましたが、さすがは「講談社漫画賞」受賞作品ですね。独特の世界観があって、まぁ面白かったです!

ドラマ化されるような少女漫画は敬遠するため、この方の作品は読んだことがありませんでしたが、この『3月のライオン』は将棋がテーマ。主人公がプロ棋士です。意外でした。ただし、作者さんご本人もかなり将棋はお好きのようですが、決してガチガチの将棋漫画ではありません。影のある主人公の少年が、偶然知り合った三姉妹と触れ合いながら、少しずつ他者と向き合っていく成長のストーリーです。

登場する人々が全て魅力的に(三姉妹のキャラがいいんです!)、そして過去の心の傷を負った人物に描かれていますが、最初から全ての事情は明らかにされず、少しずつ語られていきます。ただのほのぼのとした日常生活のシーンが続いたかと思ったら、突然シリアスなプロ棋士たちの勝負が描かれたり、この切り替えが絶妙ですね。

簡単な棋譜らしきものは出てきますが、将棋を知らない方でも楽しめるでしょう。ぜひ読んでみてください!


【3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ