2011-10-25

写真紀行 日本の石仏200選

日本全国の石仏ガイド。不思議な形の仏さまも存在します

日本の石仏に関心を持って30年という、大阪生まれの著者による、日本全国の石仏ガイド。一般的に日本は「木の文化」だと言われていますが、こんな石の文化もあったのかと感心させられます。この本では、筆者が日本全国で拝した石仏から200を選び、写真と丁寧な解説文を添えて紹介しています。地域的な偏りはありますが、資料としても素晴らしいですね。

石仏というと、大分県臼杵市の石仏群が最も有名ですが、この一帯には素晴らしい石仏文化が豊富に遺されています。大きく、しかも風化せずに現存しているため、写真で見ても存分に迫力が伝わってきます。

また、著者さんは関西人ということもあってか、関西の石仏が129体、中でも奈良から71体が紹介されているという充実ぶりでした。ちょっと思い出すだけでも、滝坂の石仏群、五劫院の見返り阿弥陀、十輪院や石位寺の御本尊、大野寺の磨崖仏、頭塔の石仏など、奈良は石仏も豊富な土地であることが最新式できました。

また、奈良市高畑町洞にあるという「仏頭石(石塔の上に頭部。ペッツみたい)」http://goo.gl/vMTZdは、忘れずにお会いしに行きたいと思います!


【写真紀行 日本の石仏200選】の関連記事

  • 『ミズノ先生の仏像のみかた』~顔のパーツなど細部にも注目し、脱・仏像初心者に最適!良書です!~
  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『南山城 石仏の里を歩く』~石仏の里・南山城の丁寧なガイドブック。散策したくなります~
  • 『円空を旅する (BT BOOKS)』~漫画家・井上雄彦さんが全国の円空仏を巡る。貴重なスケッチも大量に収録!~
  • 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復 (角川選書)』~薮内先生が仏像修理の最新技術、古典技法の解説などを解説。興味深い内容でした。~
  • 『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』~入江泰吉さんの仏像写真に、詳細な解説付き。分かりやすくてバランスのいい内容です~
  • 『東海美仏散歩』~東海エリアの美しい仏像のガイドブック。見やすく調べやすい!楽しく実用的な一冊です!~
  • 『巨大仏巡礼』~情報充実・オールカラー160ページ・お値段お手頃。大仏を紹介する本の決定版でしょう!~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『獅子と狛犬』~MIHO MUSEUM「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。見応えたっぷり!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ