2015-01-28

ときめき昆虫学

専門家ではなく一般の虫好き目線から虫たちと向き合った一冊。「虫スイッチ」押されます!

大人気の「旅ブロガー」から、いつの間にか「虫ブロガー」に華麗な転身を遂げていた、著者のメレ山メレ子さんが、専門家目線ではなく、一般人の目線から虫たちと触れ合った一冊。虫を観察したり、捕まえたり、飼育したり、研究者に取材したり、手に載せたり、食べたり。虫たちを遊びつくした、とっても楽しい内容です!

Web文芸誌「マトグロッソ」の連載がもとになっていますが、そこに大幅に加筆をし、書き下ろしの章を加えて単行本化しています。


説明文:「いわゆる“虫屋”でも研究者でもない一介のOL・メレ山メレ子が、わたしたちの身近なところにいる20の虫について、日本、はたまた世界へ飛び出し体当たりで総力取材。等身大の言葉でもって語られる虫たちの、なんといとしきことよ…!あなたの中に眠る「虫スイッチ」を押す一冊、ついに誕生!」


それぞれの章ごとに、20の虫(の種類)が紹介されています。

チョウ・ハチ・アリ・クモ・ホタル・タマムシ・ダンゴムシ・トンボ・ガ・セミ・カイコ・ゲンゴロウ・クマムシ・バッタ・コガネムシ・カタツムリ・コオロギ・ダニ・オサムシ・ゴキブリ

いずれも身近な存在の虫たちですが、大人になるに連れて、なかなか手に触れたりしなくなりました。しかし、大人の色眼鏡を外してしまえば、子供のころに夢中になったかっこいい姿のままですし、不思議な生態をもった興味深い存在でもあります。

そうした虫たちを様々な角度で愛でるのはもちろん、その虫たちを囲む人たちにも注目すると、世界は一気に広がります。

特に面白いのは、クモ相撲に興じる人たちの様子だったり、一般的にはマイナーな昆虫を専門とする研究者さんたちの生態であったり。周りの人間たちの姿が興味深いです。一般人からみれば、いわゆる「虫屋」と呼ばれるような人たちはみな変わり者ですが、その様子が淡々と描写されていたりするのがいいですね。

文章もユニークでとても面白いですし、難度も高すぎず低すぎず、大人が知的好奇心をくすぐられながら読み進めるのにちょうどいいレベルでしょう。

「虫なんて大嫌い」という方にはお勧めしませんが……。

●表紙のカイコの成虫(真っ白いフワフワの蛾です)は意外と悪くない
●「素揚げした昆虫を食べる」と想像して胸焼けしない

そんな方はぜひこの本を手にとってみてください。メレ子さんの文章に引き込まれているうちに、自然と「虫スイッチ」が押されていくのが分かりますよ!



【ときめき昆虫学】の関連記事

  • 『今日も盆踊り』~日本全国の「盆踊り」に参加した緩いレポ。想像以上に楽しそう!~
  • 『鉄道駅スタンプのデザイン -47都道府県、史跡名勝セレクション (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ)』~コレクターが長年収集した鉄道駅スタンプを厳選して掲載。この趣味の懐の深さを感じます~
  • 『郵貯探訪―〒めぐりで得たもの、思ったこと』~「郵便局の窓口で貯金して局名ゴム印を押してもらう」という趣味。なかなか大変そうです~
  • 『切手女子のかわいい収集BOOK』~「かわいい」を切り口にした切手趣味を提案。買い方や楽しみ方など、分かりやすい内容です~
  • 『ときめき昆虫学』~専門家ではなく一般の虫好き目線から虫たちと向き合った一冊。「虫スイッチ」押されます!~
  • 『世界の美しいフクロウ 神秘的なポートレートと生態』~世界の36種類の美しくて神秘的なフクロウ類の写真集。大人も楽しめるフウロウ図鑑です!~
  • 『切手女子も大注目!ふるさと切手+風景印マッチングガイド』~郵便局の「切手+風景印」の絵柄の組み合わせ。凝り始めたらキリがない奥深い世界です~
  • 『切手 (NHK美の壺)』~「趣味の王様」と呼ばれた切手収集。大人がはまる深い世界の入り口を垣間見れる良書です!~
  • 『BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-』~小さな容器で水草・魚を飼育する「ボトリウム」の入門書。難しそうであり簡単そうであり~
  • 『森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)』~路上を映した写真家の路上スナップの心得と作品たち。カメラを持って出かけたくなります~
  • 『逃避めし』~漫画家・吉田戦車さんが迫る締切を気にしながら作る創作料理(逃避めし)のエッセイ本~
  • 『キャンピングカーで悠々セカンドライフ』~老夫婦と犬一匹。肩肘張らずキャンピングカーをのんびり楽しむ素敵なエッセイ~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ