2014-06-30

ミニコミのつくり方―あなたにしか作れない“最小&最強のメディア”の楽しみ方

ミニコミ誌発行者によるエッセイ本。15年前の発売なので懐かしエピソードを楽しめます

1997年に発売された、ミニコミ誌発行者によるエッセイ本。現時点から15年以上も前の本ですから、技術的な点ではほぼ役に立ちません。しかし、私のような紙媒体へ執着したことがない人間にとって、ミニコミ誌や同人誌づくりにはまる人たちの日常生活のようなものが垣間見れて、とても興味深かったです。


説明文:「自分のメディア作りの定番!小さなメディアほど面白いものはない!!友だちとつくるマンガ雑誌、学校新聞から、文集、同人誌、全国発売のカルチャー誌まで、経験者だから語れるノウハウを全公開。」


筆者は、中学生ごろから漫画を書き始め、高校時代にはクラス内のミニコミ誌的なものを作り、デザイン事務所へ就職。ミニコミ誌を発行していた方と知り合い、それ(漫画と音楽の『VANDA』と『縦横』)を全国区へと成長させて……という経歴をお持ちの方です。

本書のラストになって、ようやくMacが導入されたくらいですから、それ以前は切って貼って、拡大コピーを駆使するという世界です。パソコンの無い時代なんて、今となってははるか昔のようにも思えますが、それはそれでとても楽しそうなんですよね。

学校の授業中などに原稿を作成して、クラスのみんなで共同でミニコミ誌を作ったり、自分だけで作ったり(実費で販売)という世界は、きっと今でも残っているでしょう。また、私と近しい世代の方であれば、ひょっとしたら実際に体験しているかもしれません。

そういう古き懐かしき時代の自伝的エッセイとして読むと、この本はなかなか味があります。最終的には、自らが発行するミニコミ誌を全国へ流通させたというのですから、立派にやり遂げていますね。タイトルのような実用性は期待せず、気楽に読んで楽しむといいでしょう。



【ミニコミのつくり方―あなたにしか作れない“最小&最強のメディア”の楽しみ方】の関連記事

  • 『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』~地元密着「ローカルメディア」の運営方法など。参考になりました~
  • 『偶然の装丁家 (就職しないで生きるには)』~変わった経緯で装丁家になった矢萩多聞さん。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『日本の最も美しい図書館』~美しい図書館41館を収録。静けさまで伝わってきそうな大判な写真が見事!~
  • 『“ひとり出版社”という働きかた』~全国のほぼひとりで運営される出版社。大変そう&楽しそう!刺激になります~
  • 『荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21)』~東京・茅場町の古本店店主さんの人生語り。本好きとしては羨ましい生き方です~
  • 『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』~一人出版社「夏葉社」島田さんの体験談を語った一冊。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『活版印刷の本 凸凹感と活字を楽しむ かわいい活版印刷のデザイン帖』~人気クリエイターの「活版印刷」作品を多数掲載。唸るような素敵デザインの連続です!~
  • 『古典不要論への反撃!?書評劇場』~万葉学者・上野先生の古典・歴史中心の書評本。興味深い本がいっぱい!参考になりました!~
  • 『本で床は抜けるのか』~蔵書家ならではの悩みについて調べたルポ。筆者の大量の本はどうなる?引きこまれました!~
  • 『読まされ図書室』~女優・小林聡美さんが人から推薦された本を読み、感想を書き綴った一冊。いい企画ですね~
  • 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)』~ライフネット生命CEOの読書術。硬派!本と真正面から対峙していて清々しいほどでした!~
  • 『自由に遊ぶDIYの本づくり リトルプレス! Zine! フリーペーパー!』~自分でフリーペーパーなどを作るノウハウと実例が詰まった一冊。具体的で分かりやすい!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ