2014-04-17

松本十二か月

伊藤まさこさんの素敵な「松本」生活を紹介する一冊。その土地への愛着が伝わってきます

女性らしさあふれるライフスタイル本や料理本などを多数出版している、伊藤まさこさんのご著書です。この方の本は、気軽に読める内容のものが多いので、これまで何冊か読んできましたが、この本を出版した2011年時点で、もう松本へ移住して5年も経っているのだとか。まったく知りませんでした。そんな松本の1年を、伊藤さんの好きなものを通じて紹介した一冊です。


説明文:「あめ市、松本一本ねぎ、水音が聞こえる町、八月の七夕、上高地など伊藤まさこさんの目線で紹介した、四季折々の松本の行事、食、お店情報がぎゅっと詰まった楽しい一冊です。この本を片手に松本を旅してみませんか。」


好きなお店、お気に入りの場所、この土地へ来て初めて知った伝統行事など、彼女が見つけた素敵なものを、大きめのきれいな写真を交えて紹介しています。どれも深く掘り下げたりはしませんが、松本という町の空気が伝わってくるようですね。

実は私は松本の近くの町(新潟県糸魚川市)で生まれ育っているため、幼い頃から松本には何度も行っています。「山へ行く」=「松本へ行く」というイメージですね。その時のイメージは、登山客が多くてちょっとだけハイカラな町という感じでしたが、民芸などの文化の香りも豊かな町だったんですね。この本を読んで、意外な一面に気づかせてもらいました。

こういった類の本は、例えば湘南だとか、上高地だとか、全国の色んな町のものが出ています。どの本もいいところをピックアップして伝えますから、素敵に感じられるのは当然なんですが、凛と冷えきった冬の松本など、ちょっと憧れますね。とても素敵な松本ガイドですから、ぜひ手にとってみてください。



【松本十二か月】の関連記事

  • 『また旅。』~日本全国を暮らすように旅し、素敵なものを食べて買う。羨ましい旅の姿!~
  • 『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集』~村上春樹さんの紀行文。インパクト弱めだけど読みやすい。旅に行きたい!~
  • 『もいちど修学旅行をしてみたいと思ったのだ』~中年のおっさんたちの大人の修学旅行。肩の力が抜けていて気楽に楽しめる内容です~
  • 『行ける。関西の絶景―完全保存版 (えるまがMOOK SAVVY別冊)』~海岩山湖夕川滝など、近畿エリアの絶景ポイントを迫力の画像で紹介。まさしく永久保存版!~
  • 『いま行っておきたい秘境駅』~その道の第一人者・牛山隆信さんの「秘境駅」本。初心者にも読みやすく、そそられます!~
  • 『日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地』~廃墟・桜・運河・鉄道・美術館、外国人が見た日本の意外な魅力とは。示唆に富んだ良書!~
  • 『外国人が選んだ日本百景 (講談社+α新書)』~日本を旅行した外国の方たちが評価した日本観光地ランキング。意外な順位に驚かされます!~
  • 『松本十二か月』~伊藤まさこさんの素敵な「松本」生活を紹介する一冊。その土地への愛着が伝わってきます~
  • 『週末ジャパンツアー (杉浦さやかの旅手帖)』~こけし・ハトヤ・徹夜おどりなど。人気イラストレーターが仲間と全国を旅した素敵な一冊~
  • 『奇怪ねー台湾』~台湾でベストセラーになった日本人留学生の台湾本が逆輸入。やや下世話にゆるく紹介します~
  • 『世界の聖地』~世界70ヶ国を踏破した方の聖地探訪本。パワスポ風味は薄め。冷静でそそられる旅行記です~
  • 『マイ京都慕情』~みうらじゅんさんの極私的な京都ガイド。仏像からポルノまで思い出の土地を再訪しています~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ