2013-09-07

マイ京都慕情

みうらじゅんさんの極私的な京都ガイド。仏像からポルノまで思い出の土地を再訪しています

鬼才・みうらじゅんさんが、愛憎入り混じった故郷である「京都」の街を案内する、ごくごく私的なガイドブック。これまでに発表されたエッセイなどに登場したエピソードの舞台を再訪して、写真入りで紹介されていますから、みうらさんのファンであれば読んでおく価値はありますね。


説明文:「観光グルメガイド? いいえ、オレの極私的巡礼ブックです。「オレはこの街が大ッキライなんだ!」はんなり雅な故郷を飛び出して37年、その愛憎が今こそ明らかにされる! 泥団子を作った公園、仏像愛に目覚めた寺、青春をこじらせた映画館、連日食べ続けても飽きないたぬきうどんの名店……。誰も知らないオレだけの京都慕情の旅が始まる。オレの秘蔵写真や宝物とともにご案内しよう。」


みうらさんが案内する京都は、実家があった場所(すでに取り壊されています)、「落ちたらアウト」ルールで伝っていたご近所の石垣、通った小学校、むかし記念写真を撮った北野天満宮、仁和寺・蚕ノ社・東寺などの社寺、授業でマラソンをさせられた哲学の道、初めてポルノ映画を観た映画館、今も残るストリップ小屋など。

現在のその場所を再訪して思い出を語りながら、その当時の写真や資料(スクラップブックなど)を紹介していきます。紹介されるエピソードが、怪獣好きだったこと、フォークにはまって京都からプチ家出したこと、男子校で常に悶々としていたことなど、ダメな男子高校生の典型みたいなお話ばかりですから、とても共感できますね。

過去の思い出の場所をたどっていくこと自体も楽しいのですが、何十年もそれほど変わらない景色が残っている京都という街はすごいと思いますし、何十年も後に面白く辿れる手がかりとなるだけ遺産を残しているみうらさんもすごいですね!真似したくても出来ることじゃありません。

みうらさんファンの方以外にはまったくオススメしませんが、小説や映画『色即ぜねれいしょん』が好きな方はぜひ手にとってみて欲しいですね。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【マイ京都慕情】の関連記事

  • 『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集』~村上春樹さんの紀行文。インパクト弱めだけど読みやすい。旅に行きたい!~
  • 『もいちど修学旅行をしてみたいと思ったのだ』~中年のおっさんたちの大人の修学旅行。肩の力が抜けていて気楽に楽しめる内容です~
  • 『行ける。関西の絶景―完全保存版 (えるまがMOOK SAVVY別冊)』~海岩山湖夕川滝など、近畿エリアの絶景ポイントを迫力の画像で紹介。まさしく永久保存版!~
  • 『いま行っておきたい秘境駅』~その道の第一人者・牛山隆信さんの「秘境駅」本。初心者にも読みやすく、そそられます!~
  • 『日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地』~廃墟・桜・運河・鉄道・美術館、外国人が見た日本の意外な魅力とは。示唆に富んだ良書!~
  • 『外国人が選んだ日本百景 (講談社+α新書)』~日本を旅行した外国の方たちが評価した日本観光地ランキング。意外な順位に驚かされます!~
  • 『松本十二か月』~伊藤まさこさんの素敵な「松本」生活を紹介する一冊。その土地への愛着が伝わってきます~
  • 『週末ジャパンツアー (杉浦さやかの旅手帖)』~こけし・ハトヤ・徹夜おどりなど。人気イラストレーターが仲間と全国を旅した素敵な一冊~
  • 『奇怪ねー台湾』~台湾でベストセラーになった日本人留学生の台湾本が逆輸入。やや下世話にゆるく紹介します~
  • 『世界の聖地』~世界70ヶ国を踏破した方の聖地探訪本。パワスポ風味は薄め。冷静でそそられる旅行記です~
  • 『マイ京都慕情』~みうらじゅんさんの極私的な京都ガイド。仏像からポルノまで思い出の土地を再訪しています~
  • 『日本の秘仏を旅する (太陽の地図帖)』~河内・奈良・若狭・会津など全国の「秘仏」紹介した読みやすい一冊。MJの秘仏開帳ルポも~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ