2014-03-08

KYOTO図書館紀行

京都にある24の図書館を紹介。専門から個性派まで、図書館好きにはたまらない内容です

京都にある24の図書館を紹介した一冊。歴史があり、学生も多い京都だけに、素晴らしい図書館が多いんですね。実際に利用するかどうかは別としても、私のような図書館好きにはとても楽しい内容でした。


説明文:「図書館から知る京都。京都にある「図書館」を厳選して紹介。大人だからこそ、未知の“知”に出合う場所。“知”というキーワードから京都の魅力を楽しむ図書館ガイドブック。そこには、京都人はもちろん、他の誰にとっても素敵な出合いに満ちています。学生の街ならではの大学付属図書館、アートの発信地として伝統文化や芸能を扱った図書館、国際都市らしく海外の文化を学べる図書館、建物自体が文化財の図書館など、
京都のことを深く知るのに最適な24の図書館を紹介!」


掲載されている図書館は、以下のようなものです。

●京都国際マンガミュージアム ●京都芸術センター図書室 ●ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川図書館 ●京都府立図書館 ●京都御苑森の文庫 ●京都大学付属図書館 ●京都精華大学情報館 ●佛教大学成徳館 ●今日庵文庫 ●松下資料館経営図書館 など

全国的に名前が知られるようになった漫画専門の図書館「京都国際マンガミュージアム」を筆頭に、ドイツやフランスの専門図書館があったり、巨大な国会図書館があったり、子どもさんが喜びそうな絵本専門の図書館があったり。バラエティ豊富です。この充実ぶりは、さすがですね。

また、古い建物が現存しているのも嬉しいですね。古い小学校校舎を転用したりしたものも、しっかりと雰囲気があり、京都という街に馴染んでいます。個人的にこうした公共の古い建物が大好きなので、いつか見て回りたいですね。

なお、このシリーズは、東京と京都それぞれで、図書館・本屋(東京はブックカフェも)を紹介しているそうです。探してみます!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【KYOTO図書館紀行】の関連記事

  • 『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』~地元密着「ローカルメディア」の運営方法など。参考になりました~
  • 『偶然の装丁家 (就職しないで生きるには)』~変わった経緯で装丁家になった矢萩多聞さん。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『日本の最も美しい図書館』~美しい図書館41館を収録。静けさまで伝わってきそうな大判な写真が見事!~
  • 『“ひとり出版社”という働きかた』~全国のほぼひとりで運営される出版社。大変そう&楽しそう!刺激になります~
  • 『荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21)』~東京・茅場町の古本店店主さんの人生語り。本好きとしては羨ましい生き方です~
  • 『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』~一人出版社「夏葉社」島田さんの体験談を語った一冊。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『活版印刷の本 凸凹感と活字を楽しむ かわいい活版印刷のデザイン帖』~人気クリエイターの「活版印刷」作品を多数掲載。唸るような素敵デザインの連続です!~
  • 『古典不要論への反撃!?書評劇場』~万葉学者・上野先生の古典・歴史中心の書評本。興味深い本がいっぱい!参考になりました!~
  • 『本で床は抜けるのか』~蔵書家ならではの悩みについて調べたルポ。筆者の大量の本はどうなる?引きこまれました!~
  • 『読まされ図書室』~女優・小林聡美さんが人から推薦された本を読み、感想を書き綴った一冊。いい企画ですね~
  • 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)』~ライフネット生命CEOの読書術。硬派!本と真正面から対峙していて清々しいほどでした!~
  • 『自由に遊ぶDIYの本づくり リトルプレス! Zine! フリーペーパー!』~自分でフリーペーパーなどを作るノウハウと実例が詰まった一冊。具体的で分かりやすい!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ