2013-10-22

茅ヶ崎海岸の野良うさぎ ゴマ

海岸に住んでいた野良うさぎと写真家の交流を切り取ったフォトストーリー。泣けます。

説明文:「茅ヶ崎海岸(サザンビーチ)に生まれた野良うさぎと、ある動物好きのカメラマンが出会う。人を警戒する臆病な野良うさぎが、少しずつ打ち解けてゆく。やがて台風の日、激しい風雨と大波で野良うさぎは家を失ってしまう。カメラマンは野良うさぎを自分の家に連れて帰る。そして……野生の可愛いうさぎが家族の一員になってゆく姿をみごとにとらえたフォト・ストーリー!」


このまんまの実話です。60ページちょっとの薄いフォトブックで、写真家さんの短いテキストも入っていますが、あっという間に読み終えます。

我が家もうさぎを飼っていますから、もう最初のページの「湘南の茅ヶ崎海岸にうさぎの親子が住んでいるという」(しかも、親うさぎはすぐに姿が見えなくなったとか)という一文を読んだ時点でダメですね。

おそらく心ない飼い主に捨てられたものでしょうし、海岸ではそれほどいい草も生えていません。散歩中の犬や野良猫に襲われたりする危険もありますし、大きな波が来る可能性だってあります。日本の海岸はうさぎがのんびりと住めるような場所ではあり得ないんです。

そんなうさぎと、その姿を撮影し続けた写真家との関係を描いていくんですが、うさぎ飼いにとっては涙なしでは読めません(※小さくネタバレしますが、ゴマくんは最後まで死んだりしませんのでご安心を)。人を警戒している野良うさぎのもとへ、毎日顔を見せて心を通わせていくと、次第に心を許したうさぎらしい仕草を見せてくれるようになります。

正直に書くと、行きつけのヴィレッジヴァンガードイオンモール橿原店さんの店頭に並んでいたこの本を見つけ、店頭でパラパラッと立ち読みしたのですが、その数分後には涙目にさせられました。その後、そのお店へ行くたびに必ず読んで、また泣かされそうになって……ということを繰り返していたんですが、つい先日、ついに店頭から姿を消してしまったのです。慌ててネットで探して買い求めました!

(ヴィレヴァンさんには本当に申し訳ないです。また散在するから勘弁してやってください!)

言い訳をしておきますが、私は基本的に「動物を扱って人を泣かせにかかる本なんて反則だ」と思っていますから、まずこの手の本を読むことはありません。ましてや自分で購入するなんて、おそらく生まれて初めてでしょう。この文章を書いているだけで泣きそうになってるくらいです(笑)

誰にでもオススメはしませんが、うさぎ好きな方はぜひ探してみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【茅ヶ崎海岸の野良うさぎ ゴマ】の関連記事

  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『しかしか』~町中で暮らす「鹿しか」写っていない写真集。不思議な惑星のよう!~
  • 『南都 西大寺の四季―中淳志写真集』~西大寺の一年を追った写真集。法要の風景や仏像写真もあり、駆け足でガイドしてくれます~
  • 『蘇りの火と水 東大寺修二会』~「お水取り」の行の美しさが伝わる写真集。凍てついた空気まで思い出される臨場感!~
  • 『メメント・モリ』~藤原新也さんの代表作の新装版。タイトルは「死を想え」。ざらっと強烈な作品集です~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『室生寺』~土門拳さんに影響を受けた写真家・三好和義さんが、真っ向から室生寺を撮り下ろした写真集~
  • 『やまとのかたち―井上博道写真集』~亡くなった故井上博道さんの写真集。奈良の美しい風景、日常的な風景が収められています~
  • 『入江泰吉 大和路巡礼 愛蔵版』~入江泰吉さんの生誕100年記念に出版された愛蔵版作品集。大型本だけに迫力あります!~
  • 『森下利明写真集 大和し美し』~三輪山や二上山、飛鳥などの美しい写真集。夕焼けや霧など、貴重なシーンが観られます~
  • 『八雲立つ出雲 植田正治、上田正昭が歩いた神々のふるさと』~山陰を愛した写真家、古代史研究の第一人者。半世紀前の二人の共著が復刻された一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ