2016-04-19

しかしか

町中で暮らす「鹿しか」写っていない写真集。不思議な惑星のよう!

写真家・石井陽子さんが、奈良と宮島に通いつめて撮影した、「鹿しか」写っていない写真集。

いずれも町中の人と近い場所に暮らしている鹿たちだけに、舞台は民家やホテル、工事現場やお土産物店など、人工物に自然と鹿が溶け込んでいます。そして、あえて人間の姿は一切いれず、まさに鹿の惑星のような不思議な雰囲気を感じさせています。アイディアですね!


説明文:「ようこそ、しかの惑星へ――。しかしか写ってないんです。しかに魅せられた「しか写真家」による、しかしかいない写真集。住宅地に、駐車場に、お土産物屋さんの店内に……人間の暮らしに入り込む、しか・鹿・シカ!人工物のなか悠然とたたずむその姿は、圧倒的な違和感と不思議な愛嬌がたっぷり。しかってこんな顔してたっけ?あれ、案外カワイくない?」


カメラによって切り取られた鹿たちの姿は、一頭ごとに違います。ひとりでぼっちで歩く鹿、集団で列を作って歩く鹿、喧嘩する鹿、顔を寄せあってひそひそ話をしているような鹿、全力で走る鹿、ジャンプしている鹿。

地元民にとっては見慣れた光景ですが、私のような他所から来た人間にとっては、いまだにどこか別の惑星にでも来たのか……というくらい、強烈な違和感を感じる瞬間があります。町中で鹿しかいない風景は、そういった感情を上手く刺激してくれて、とてもおもしろいですね。

また、私は奈良の鹿は普段から目にしていますが、やはり海を背景にした宮島の鹿の写真には、いつも驚きます。

登場する鹿の数は、トータルで207頭!巻末には、鹿の種類や寿命などのコラム「しかをしる」も収録されていて、鹿好きであればぜひ手にとって欲しい一冊です!



【しかしか】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ