2013-09-27

キャンディを撮った日

片岡義男さんがひたすら「キャンディ」を撮影した写真集。こんな楽しみ方も憧れます

小説家であり、海外の絵本や文房具に関する著作も多い片岡義男さんの1998年の著作です。タイトルのとおり、海外の「キャンディ」をパッケージごと、または包み紙から取り出して、次々に写真に収めていった写真集で、合間に短い文章が入ります。たったそれだけですが、とても魅力的なんですよね。片岡さんのマジックでしょう。


説明文:「フランスへいってしまってもう何年にもなる女性から、ある日、封書が届いた。手紙とともに小さなボール紙の箱が同封してあった。チューインガムの空き箱だ。「私がしばらくバッグのなかに入れて持ち歩き、すべて噛んでしまったガムの箱です」と、彼女は書いていた。縦、横、厚さのバランス、そして開口部の作りなど、よく観察すると魅力に満ちていた。観察するだけの興味が持てなければ、捨てるほかない用済みの箱だ。色づかいやデザインは、大衆のために街角で販売されている小さな商品としてのありかたを、ごく当然のことのように守ったデザインだ。僕はその空き箱を気にいった。冬の快晴の午前中だった。僕はその小さな空き箱を写真に撮ることを思いついた。―ある作家の冬の一日の過ごしかた。」


別の説明にはこうあります。「今日はキャンディを写真に撮って過ごすことにしよう。スーパーマーケットへキャンディを買いに行く。できるだけ早く帰ってきて、ヴェランダでキャンディを写真に撮る…。冬の一日に作家が撮ったキャンディの写真集。」

成城石井などへ、惹かれるキャンディを買って、自宅に戻って一日がかりで写真に収め、それを写真集として販売する。浮世離れしているようで、その行為自体に憧れてしまいますね。どこか所ジョージさんと重なる部分があるかもしれません(笑)

時代によって違いはあると思いますが、海外産のちょっとしたプロダクトは、シンプルさゆえに美しさを感じさせるものがたくさん見つかりますね。日本のキャンディとなると、余計なキャラクターが登場したり、見づらい注意書きだらけで美しさとは対極に位置するものがほとんどです。

こういったものを集めて撮影する。それだけの行為がこれだけ楽しそうなのですから、いつか真似てみたいと思います。写真集としても楽しいですから、気になる方は探してみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【キャンディを撮った日】の関連記事

  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『しかしか』~町中で暮らす「鹿しか」写っていない写真集。不思議な惑星のよう!~
  • 『南都 西大寺の四季―中淳志写真集』~西大寺の一年を追った写真集。法要の風景や仏像写真もあり、駆け足でガイドしてくれます~
  • 『蘇りの火と水 東大寺修二会』~「お水取り」の行の美しさが伝わる写真集。凍てついた空気まで思い出される臨場感!~
  • 『メメント・モリ』~藤原新也さんの代表作の新装版。タイトルは「死を想え」。ざらっと強烈な作品集です~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『室生寺』~土門拳さんに影響を受けた写真家・三好和義さんが、真っ向から室生寺を撮り下ろした写真集~
  • 『やまとのかたち―井上博道写真集』~亡くなった故井上博道さんの写真集。奈良の美しい風景、日常的な風景が収められています~
  • 『入江泰吉 大和路巡礼 愛蔵版』~入江泰吉さんの生誕100年記念に出版された愛蔵版作品集。大型本だけに迫力あります!~
  • 『森下利明写真集 大和し美し』~三輪山や二上山、飛鳥などの美しい写真集。夕焼けや霧など、貴重なシーンが観られます~
  • 『八雲立つ出雲 植田正治、上田正昭が歩いた神々のふるさと』~山陰を愛した写真家、古代史研究の第一人者。半世紀前の二人の共著が復刻された一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ