2013-09-01

奈良―鹿のいる風景 山口勇写真集

奈良の鹿の写真集。合成写真かと思うほどの貴重なショットも多数!鹿好きな方はぜひ!

国の天然記念物である、奈良の鹿の写真集。撮影者は、奈良の写真家・入江泰吉さんの指導を受けた山口勇さん。奈良市の職員で、定年退職後に、社団法人奈良市観光協会を設立し、専務理事に就任なさった方だとか!お仕事の合間に撮りためた、奈良の鹿の美しさ、逞しさ、可愛らしさなどが伝わってくる素敵な写真集になっています。

奈良市内の一部に暮らす鹿たちですが、春日山や若草山、春日大社に東大寺、人の気配が濃い三条通など、撮影場所も様々です。季節や時間帯も、見事な紅葉の中だったり、幻想的な朝もやの中、美しい朝日に照らされて、奈良には珍しい雪景色など。子鹿や子育て中の親子鹿、喧嘩をしている雄鹿など、本当に色んなシチュエーションで撮影されているのが分かります。

奈良に暮らす人間であれば、鹿の写真くらい何度も撮影した経験があると思いますが、ここまで多種多様な鹿の姿を見たことのある方は少ないでしょう。それほど貴重なショットが収められています。

また、山中の草むらで群れていたり、一斉に雄鹿だけが歩いていたりする写真は、どう考えても合成写真にしか見えないものも少なくありません。ものすごい数の雄鹿だけ集まっていたり、草を食んでいる鹿たちが同じような角度で一斉にカメラに視線を向けたりと、今まで見たことがないほどの貴重なショットだと思います。

少なくとも、この写真家さんのキャリアと年齢(1928年生まれだとか)を知らずにいたら、後から手を加えたものにしか見えないのです。おそらく、鹿の毛や角の産毛が輪郭をぼかし、周りから浮き上がらせて見せるためだと思いますが、本当に不思議な感じですね。

103ページにわたって、奈良の鹿たちの様々な姿が切り取られていますので、鹿好きな方はぜひ手にとってみてください。とても素敵な内容ですよ!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【奈良―鹿のいる風景 山口勇写真集】の関連記事

  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『しかしか』~町中で暮らす「鹿しか」写っていない写真集。不思議な惑星のよう!~
  • 『南都 西大寺の四季―中淳志写真集』~西大寺の一年を追った写真集。法要の風景や仏像写真もあり、駆け足でガイドしてくれます~
  • 『蘇りの火と水 東大寺修二会』~「お水取り」の行の美しさが伝わる写真集。凍てついた空気まで思い出される臨場感!~
  • 『メメント・モリ』~藤原新也さんの代表作の新装版。タイトルは「死を想え」。ざらっと強烈な作品集です~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『室生寺』~土門拳さんに影響を受けた写真家・三好和義さんが、真っ向から室生寺を撮り下ろした写真集~
  • 『やまとのかたち―井上博道写真集』~亡くなった故井上博道さんの写真集。奈良の美しい風景、日常的な風景が収められています~
  • 『入江泰吉 大和路巡礼 愛蔵版』~入江泰吉さんの生誕100年記念に出版された愛蔵版作品集。大型本だけに迫力あります!~
  • 『森下利明写真集 大和し美し』~三輪山や二上山、飛鳥などの美しい写真集。夕焼けや霧など、貴重なシーンが観られます~
  • 『八雲立つ出雲 植田正治、上田正昭が歩いた神々のふるさと』~山陰を愛した写真家、古代史研究の第一人者。半世紀前の二人の共著が復刻された一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ