2013-07-09

ロングトレイルという冒険 -「歩く旅」こそぼくの人生 (生きる技術!叢書)

長距離を歩き続ける「ロングトレイル」の第一人者によるエッセイ。旅立ちたくなります!

長距離をひたすら歩き続ける「ロングトレイル」。187日間かけて、アメリカ有数の「アパラチアン・トレイル」(3500キロ)を歩き通したり、国内で人気の「信越トレイル」のコースを整備したりした、その道の第一人者によるエッセイ集です。


説明文:「何日も、ときには何ヵ月も、原生自然の真っただ中を歩きつづけるロングトレイル。世界中の名だたる縦走を歩破してきた第一人者がその魅力をあますところなく語る。実践的な歩き方の心得を手はじめに、自然に身を置き、自然と分かち合 いながらヒトが生きるという、ロングトレイルの真髄を鮮やかに伝える。ソロー、ジョン・ミューア、グレゴリー……アウトドア文化を拓いた先人たちの精神を受け継ぎ、山や森の奥深さを綴った歩行のクロニクル。」


それぞれの章で、バックカントリーを歩くことになったきっかけや、アパラチアントレイルを縦走した記録、日本の国立公園の歩く魅力、愛用のグッズの紹介などが語られています。それぞれが別の場所で発表された文章だけに、全体的なまとまりは今ひとつですが、その哲学から装備や実践まで、色んな側面からロングトレイルの魅力について触れられた贅沢な内容とも言えるでしょう。

ロングトレイルについては詳しく説明しませんが、日本のような山のピークを目指すのではなく、長い距離を歩き続けることを目標としたものです(縦走もこれに当たります)。日本で長い距離を歩こうと思うと、どうしてもアスファルトの上を歩く時間が長くなりますが、広大なアメリカ大陸では何千キロものトレイルが可能なんですね。その点だけでも羨ましい限りです。

現実的に考えて、そんなロングトレイルは簡単には実現できないでしょうが、今はちょっとしたブームが到来しているそうです。この本を読んでいたら、今すぐにでも歩きに行きたくなりましたね。特に熱っぽく語ったりするのではありませんが、その魅力を知り尽くしている方の言葉は、心を炊きつける静かな熱がこめられていますね。

なお、2011年に出版された本ですが、筆者さんはこの直後から難病に冒されてしまってい、2013年春にお亡くなりになったのだとか。ご冥福をお祈りいたします。


【ロングトレイルという冒険 -「歩く旅」こそぼくの人生 (生きる技術!叢書)】の関連記事

  • 『最近読んだ「マラソン」関連本まとめ』~「ランニングする前に読む本」「世界一やせる走り方」など5冊~
  • 『世界一やせる走り方』~「痩せるためにどうやって走ればいいか」を真っ向から考察した良書~
  • 『奈良名山案内―世界遺産の峰めぐり』~奈良県の山のルートを丁寧に解説した一冊。情報が細かく、強い味方になってくれそうです~
  • 『関西から行くゆる登山 (ブルーガイド)』~関西周辺の気楽に登れる山を紹介した、初心者・女性向けの登山本。涼しくなったら行きます~
  • 『海外マラソンRunRun旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)』~ユニークな海外マラソンへ参加するコミックエッセイ。給水所でワインが出る大会なども!~
  • 『長友佑都体幹トレーニング20』~サッカー長友選手が解説する腰痛・ダイエットに効くトレーニング。効果てきめんです!~
  • 『百年前の山を旅する (新潮文庫)』~昔の装備や古いルートを使うサバイバル登山の記録。面白いテーマですが、やや消化不良か~
  • 『悩んだときは山に行け! 女子のための登山入門』~山登りがテーマのコミックエッセイ。初心者女性には読みやすく、とても共感できるでしょう~
  • 『私の山道具2 (Hutte BOOKS)』~山の女性誌『Hutte』のファッション企画。山ガール的な方たちの道具やスタイルが見られます~
  • 『世界のマラソンベスト50』~世界中のさまざまな角度から選んだベスト50のマラソン大会を紹介した一冊。世界は広い!~
  • 『まんぷくローカルマラソン旅』~マラソンのコミックエッセイ3作目。全国のユニークな大会へ出場します。初心者さんに最適!~
  • 『学べる! 山歩きの地図読み』~等高線・地図記号・コンパスの使い方など、山歩きに必要な地図の読み方を平易に解説した一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ