2013-05-12

象虫:マイクロプレゼンス―小檜山賢二写真集

不思議な昆虫「象虫」の精密な写真集。本物以上にリアル!怪獣よりもモンスター!

多種多様な姿を持つ「象虫(ぞうむし)」を、精密なマイクロフォトコラージュという手法を用いて撮影した写真集。全ページが超リアルな虫の拡大写真ですから、虫嫌いな方は手にとってはいけない本ですし、虫好きな方はもちろん、モンスター的なものがお好きな方にはぜひじっくりと見つめて欲しい一冊です。


説明文:「第41回講談社出版文化賞「写真賞」受賞。なぜゾウムシの写真なのか――?その答えは「多様性」!!昆虫の中で最も種類の多いグループで、かつ色・形・大きさともに奇妙キテレツ!それがゾウムシ。そしてこの小さな虫はどれもが1億年以上の歴史を背負っている貴重な生物なのです!21世紀を「自然との関係の見直し」の世紀と位置付ける著者が、自然の面白さ、不思議さを伝えるためにたどりついた独自の技術、虫のどの部位にも全てピントがあっている“マイクロフォトコラージュ”。この撮影方法を駆使し、紙面いっぱい、躍動感溢れる100種以上の象虫たち!!」


私も虫についてはそれほど詳しくありませんが、この写真集は以前どこかで紹介されていた時から気になっていました。普通、虫の拡大写真を撮影すると一箇所にピントがあって、その他の部分はぼやけます。筆者はそれを合成し、象虫の全身にクリアに写した一枚を作り出しています。実物以上のリアルさで、象虫の毛の一本一本、体表の不思議な凹凸、輝きや鈍い色合いなど、恐ろしいほどの情報量なんですよね。

もともと象虫は、その名前の通り象のような鼻を持っているものもありますが、異常なまでに首が長かったり、体表が光っていたりと、エイリアンっぽく見えるものも少なくありません。そんな虫たちがアップをじっと見ていると、生命の多様性に驚いたり、背筋が寒くなったり、かなりの気持ち悪さですね(笑)

下に何枚か画像を掲載しておきますが、実物はもっとリアルで、不思議な説得力があります。虫嫌いな方は絶対に観ないでください。お好きな方は、ページをめくるごとに「うひょー!」と声があがるレベルですので、ご期待ください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【象虫:マイクロプレゼンス―小檜山賢二写真集】の関連記事

  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『しかしか』~町中で暮らす「鹿しか」写っていない写真集。不思議な惑星のよう!~
  • 『南都 西大寺の四季―中淳志写真集』~西大寺の一年を追った写真集。法要の風景や仏像写真もあり、駆け足でガイドしてくれます~
  • 『蘇りの火と水 東大寺修二会』~「お水取り」の行の美しさが伝わる写真集。凍てついた空気まで思い出される臨場感!~
  • 『メメント・モリ』~藤原新也さんの代表作の新装版。タイトルは「死を想え」。ざらっと強烈な作品集です~
  • 『巨大仏!!』~日常生活に溶けこむように存在する巨大仏の写真集。圧倒的な大きさと非日常感が面白い!~
  • 『室生寺』~土門拳さんに影響を受けた写真家・三好和義さんが、真っ向から室生寺を撮り下ろした写真集~
  • 『やまとのかたち―井上博道写真集』~亡くなった故井上博道さんの写真集。奈良の美しい風景、日常的な風景が収められています~
  • 『入江泰吉 大和路巡礼 愛蔵版』~入江泰吉さんの生誕100年記念に出版された愛蔵版作品集。大型本だけに迫力あります!~
  • 『森下利明写真集 大和し美し』~三輪山や二上山、飛鳥などの美しい写真集。夕焼けや霧など、貴重なシーンが観られます~
  • 『八雲立つ出雲 植田正治、上田正昭が歩いた神々のふるさと』~山陰を愛した写真家、古代史研究の第一人者。半世紀前の二人の共著が復刻された一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ