2013-01-28

原色金魚図艦―かわいい金魚のあたらしい見方と提案

見て楽しい、読んでも楽しい金魚図鑑。さまざまな品種を美しい写真で紹介しています

さまざまな種類の金魚について愛情たっぷりに書かれた「ファンブック」とでもいうべき一冊。魚類が専門の金魚好きの大学教授と、金魚愛好会の方の共著で、マニア向けの小難しい内容ではなく、単なる飼育方法の解説でもない、初心者の私が見ていても楽しめる美しい金魚本になっています。


説明文:「一般にはめったに見られない特上品の金魚ばかりでなく、またどんな姿に成長するかわからない幼い金魚についても、その特徴や見所、将来の姿について金魚好きの二人が好みを加えて談義を交わし、紹介した図艦。」


後書きによると、このお二方は前作の『金魚―長く、楽しく飼うための本 (もっとわかる動物のことシリーズ)』という飼育書を上梓した直後から、この本は「水槽の向こうでじっとしている金魚を切り取って貼り付けた図鑑ではなく、水槽から出てきて自由に泳ぎ回っている金魚がイメージできる図鑑を作りたいね」というイメージを持っていたとか。まさに本書はその狙い通り、見ても読んでも楽しい内容ですね。

金魚を系統別に紹介しているページでは、和金型・蘭鋳型・オランダ獅子頭型・琉金型という大分類から、コメット・東錦・丹頂・水泡眼・ライオンヘッド・出目金・ピンポンパールなど、それぞれの品種を紹介しています。図版も大きめで美しいですし、解説文も難しすぎずに理解しやすいですね。個体の写真に添えられたコメントも、マニアらしい愛情が感じられます。

その合間には「金魚巡礼」という読み物が掲載されており、金魚の一大産地である愛知県弥富市の卸売市場や養魚場、金魚マニアのお宅訪問、金魚飼育に力を入れている高校の生物部の様子などが紹介されていて、そんな点も楽しく拝見できました。

私自身は金魚の知識はほとんどありませんが、この本は楽しいですね。金魚が飼ってみたくなったのはもちろんですが、この本を本棚の目立つところに置いておいて、何度も繰り返し手にとってみたくなります。これまで金魚に興味がなかった方も、ぜひ探してみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【原色金魚図艦―かわいい金魚のあたらしい見方と提案】の関連記事

  • 『今日も盆踊り』~日本全国の「盆踊り」に参加した緩いレポ。想像以上に楽しそう!~
  • 『鉄道駅スタンプのデザイン -47都道府県、史跡名勝セレクション (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ)』~コレクターが長年収集した鉄道駅スタンプを厳選して掲載。この趣味の懐の深さを感じます~
  • 『郵貯探訪―〒めぐりで得たもの、思ったこと』~「郵便局の窓口で貯金して局名ゴム印を押してもらう」という趣味。なかなか大変そうです~
  • 『切手女子のかわいい収集BOOK』~「かわいい」を切り口にした切手趣味を提案。買い方や楽しみ方など、分かりやすい内容です~
  • 『ときめき昆虫学』~専門家ではなく一般の虫好き目線から虫たちと向き合った一冊。「虫スイッチ」押されます!~
  • 『世界の美しいフクロウ 神秘的なポートレートと生態』~世界の36種類の美しくて神秘的なフクロウ類の写真集。大人も楽しめるフウロウ図鑑です!~
  • 『切手女子も大注目!ふるさと切手+風景印マッチングガイド』~郵便局の「切手+風景印」の絵柄の組み合わせ。凝り始めたらキリがない奥深い世界です~
  • 『切手 (NHK美の壺)』~「趣味の王様」と呼ばれた切手収集。大人がはまる深い世界の入り口を垣間見れる良書です!~
  • 『BOTTLIUM ボトリウム-手のひらサイズの小さな水槽-』~小さな容器で水草・魚を飼育する「ボトリウム」の入門書。難しそうであり簡単そうであり~
  • 『森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)』~路上を映した写真家の路上スナップの心得と作品たち。カメラを持って出かけたくなります~
  • 『逃避めし』~漫画家・吉田戦車さんが迫る締切を気にしながら作る創作料理(逃避めし)のエッセイ本~
  • 『キャンピングカーで悠々セカンドライフ』~老夫婦と犬一匹。肩肘張らずキャンピングカーをのんびり楽しむ素敵なエッセイ~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ