2013-01-24

日本人なら富士山に登ろう! 初心者のための安心・安全登山術

ブームの「富士山登山」の初心者向けの一冊。脳内に軽くドーパミンを放出できます

著作も多い女性登山家・田部井淳子さんが、今ブームになっている「富士山登山」だけに絞って書いた一冊。初心者でも登れるように、事前準備や訓練についてや、計画の立て方、装備内容など、分かりやすく解説しています。

各章のタイトルは、「富士山の魅力と楽しみ方」「富士山の前にウォーミングアップ」「富士山に登るための快適装備」「富士山をイメージする準備登山」「さあ、富士山に登ろう」「富士山の次はどこへ登る?」。準備からその後まで、至れり尽くせりですね。

なお、タイトルに「日本人なら」とありますから、ひょっとしたら富士信仰の歴史について触れられたりするのかと思ったりもしましたが、そういう記述は一切なく、純粋に登りたい方用の内容になっています(笑)

説明文:「目指すは日本一の山!登山経験はないけれど、一度は富士山に登ってみたいあなたのための、決定版入門。必要な道具選びから事前のトレーニング、失敗しない登山の方法、さらに環境に対する心得まで、富士山を知り尽くした著者がやさしく解説する。これから富士山に登ろうとする人、必読の1冊。読めばいますぐ登りたくなる。」

富士山登山というと、途中の山小屋へ一泊して、山頂からご来光を拝むために暗いうちから出発して、大渋滞の中をのろのろと進んで…というイメージがあります。一般人が登りやすい7月~8月の間は、実際に常にこんな感じのようですね。今のようなブームの間は仕方ないのかもしれませんが、そんな風潮には疑問を感じてしまいます。

筆者は、山頂からご来光を拝もうと思っても人が押し寄せてよく見えないのだから、無理せず出発を遅らせて、途中の見晴らしのいい場所から眺めるほうがいいと説いています。私などはテレビの映像で観るだけですが、確かに、山頂でぎゅうぎゅう詰めになって人の頭の間から必死になってご来光を拝むのもおかしなものですからね。筆者の提案は納得できるものでした。さすがベテランのいうセリフは説得力があります。

新書版なので文章量も手頃で読みやすいですが、ほとんどテキストなのでやや分かりづらい面もあります。実践編というよりも、富士登山へのテンションを上げる目的で読むのがいいかもしれません。

私などは具体的な富士山登山予定は全くありませんが、こんな本を読んでいると少しずつその気になってくるものです。「興味があるけど私には難しいかも…」と尻込みしている方は、こんな本を読むところから始めてもいいのかもしれませんね。


【日本人なら富士山に登ろう! 初心者のための安心・安全登山術】の関連記事

  • 『最近読んだ「マラソン」関連本まとめ』~「ランニングする前に読む本」「世界一やせる走り方」など5冊~
  • 『世界一やせる走り方』~「痩せるためにどうやって走ればいいか」を真っ向から考察した良書~
  • 『奈良名山案内―世界遺産の峰めぐり』~奈良県の山のルートを丁寧に解説した一冊。情報が細かく、強い味方になってくれそうです~
  • 『関西から行くゆる登山 (ブルーガイド)』~関西周辺の気楽に登れる山を紹介した、初心者・女性向けの登山本。涼しくなったら行きます~
  • 『海外マラソンRunRun旅 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)』~ユニークな海外マラソンへ参加するコミックエッセイ。給水所でワインが出る大会なども!~
  • 『長友佑都体幹トレーニング20』~サッカー長友選手が解説する腰痛・ダイエットに効くトレーニング。効果てきめんです!~
  • 『百年前の山を旅する (新潮文庫)』~昔の装備や古いルートを使うサバイバル登山の記録。面白いテーマですが、やや消化不良か~
  • 『悩んだときは山に行け! 女子のための登山入門』~山登りがテーマのコミックエッセイ。初心者女性には読みやすく、とても共感できるでしょう~
  • 『私の山道具2 (Hutte BOOKS)』~山の女性誌『Hutte』のファッション企画。山ガール的な方たちの道具やスタイルが見られます~
  • 『世界のマラソンベスト50』~世界中のさまざまな角度から選んだベスト50のマラソン大会を紹介した一冊。世界は広い!~
  • 『まんぷくローカルマラソン旅』~マラソンのコミックエッセイ3作目。全国のユニークな大会へ出場します。初心者さんに最適!~
  • 『学べる! 山歩きの地図読み』~等高線・地図記号・コンパスの使い方など、山歩きに必要な地図の読み方を平易に解説した一冊~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ