2012-07-24

わたしの小さな古本屋~倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間

倉敷の古本屋「蟲文庫」の女性店主が描いたゆるやかな営業風景

岡山県倉敷市にある古書店『蟲文庫(むしぶんこ)』の女性店主さんが書いたエッセイ本。仕事を辞める際に、ふっと「そうだ、古本屋になろう」と決心してお店を始められたそうですから、特に古書店営業のノウハウが披露されている訳ではありません。店内をのんびりと静かな時間が流れていることを想像させるような、のんびりとしたエッセイ本です。

蟲文庫さんは、店舗スペースは10坪ほど、仕入れはお客さんからの買取依頼によるそうですから、私のような乱読傾向とは無縁な人間にとっては、全く興味をそそられない棚であると想像できます。しかし、(当初はアルバイトをしながら…だったようですが)1994年から今までずっとお店を続けられているのですから、何か特別な魅力があるんでしょうね。機会があったらその雰囲気を見てみたいと思わせる何かがあります。

しかし、初出が「早稲田古本村通信」で、本書に再録されている文章がほとんどです。いくらか加筆などは行なっているようですが、エッセイ本として全体を通してのまとまりの無さが気になります。その当時、「苔」に関する著作が発売されたタイミングにあたるようですが、その話題が何度も出てきてやや辟易としました。もうちょっと編集してくれると読みやすくなると思うだけに、ちょっと残念ですね。


【わたしの小さな古本屋~倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間】の関連記事

  • 『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』~地元密着「ローカルメディア」の運営方法など。参考になりました~
  • 『偶然の装丁家 (就職しないで生きるには)』~変わった経緯で装丁家になった矢萩多聞さん。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『日本の最も美しい図書館』~美しい図書館41館を収録。静けさまで伝わってきそうな大判な写真が見事!~
  • 『“ひとり出版社”という働きかた』~全国のほぼひとりで運営される出版社。大変そう&楽しそう!刺激になります~
  • 『荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21)』~東京・茅場町の古本店店主さんの人生語り。本好きとしては羨ましい生き方です~
  • 『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』~一人出版社「夏葉社」島田さんの体験談を語った一冊。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『活版印刷の本 凸凹感と活字を楽しむ かわいい活版印刷のデザイン帖』~人気クリエイターの「活版印刷」作品を多数掲載。唸るような素敵デザインの連続です!~
  • 『古典不要論への反撃!?書評劇場』~万葉学者・上野先生の古典・歴史中心の書評本。興味深い本がいっぱい!参考になりました!~
  • 『本で床は抜けるのか』~蔵書家ならではの悩みについて調べたルポ。筆者の大量の本はどうなる?引きこまれました!~
  • 『読まされ図書室』~女優・小林聡美さんが人から推薦された本を読み、感想を書き綴った一冊。いい企画ですね~
  • 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)』~ライフネット生命CEOの読書術。硬派!本と真正面から対峙していて清々しいほどでした!~
  • 『自由に遊ぶDIYの本づくり リトルプレス! Zine! フリーペーパー!』~自分でフリーペーパーなどを作るノウハウと実例が詰まった一冊。具体的で分かりやすい!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ