2012-07-15

リトルプレスをつくる

リトルプレスの企画・作成・販売について書かれた実践的でオススメの一冊

有料で配布する「リトルプレス」(ZINEとも呼ぶそうです)製作のために、具体的なノウハウを満載した一冊。テーマや構成、造本、デザイナーや印刷所への依頼、販売方法など、とても実践的で役に立つ情報が詰まっています。デザインや着眼点がいいリトルプレスが多数紹介されているため、具体的なイメージが湧きやすいのもいいですね。

冒頭に紹介されているのが、ならまちの超人気カフェ&雑貨店「カナカナ」の井岡さんが発行している「カナカナ 旅のミニブック」。2002年から販売をスタートして、何冊かのシリーズも登場しましたが、今はもう増刷していないようです。この企画を始めた動機なども触れられていますし、印刷・色校正・部数などの具体的な数字が掲載されているのも参考になります。

それ以外にも、こけし・登山・料理・イラスト・写真・ビル・電車など、テーマは様々。色んな方が色んなことを発信しています。最近では、フリーペーパー(クーポンがついていないようなもの)でも商業誌顔負けのデザインと内容のものも増えていますから、有料で販売しようとしたら、よほどのクオリティーが必要でしょう。この本で紹介されているようなものは、すべて手に入れて読んでみたいと思わせるようなものばかりでした。

自分で製本する手順などは、ややページ数が少なめですから、別の製本系の本も参考にしてみるといいと思いますが、それ以外の情報は丁寧で分かりやすいですね。入門書としては最適だと思います。リトルプレスを発行してみたい方はもちろん、フリーペーパーなどに興味がある方も手にとって欲しい一冊でした。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【リトルプレスをつくる】の関連記事

  • 『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』~地元密着「ローカルメディア」の運営方法など。参考になりました~
  • 『偶然の装丁家 (就職しないで生きるには)』~変わった経緯で装丁家になった矢萩多聞さん。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『日本の最も美しい図書館』~美しい図書館41館を収録。静けさまで伝わってきそうな大判な写真が見事!~
  • 『“ひとり出版社”という働きかた』~全国のほぼひとりで運営される出版社。大変そう&楽しそう!刺激になります~
  • 『荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21)』~東京・茅場町の古本店店主さんの人生語り。本好きとしては羨ましい生き方です~
  • 『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』~一人出版社「夏葉社」島田さんの体験談を語った一冊。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『活版印刷の本 凸凹感と活字を楽しむ かわいい活版印刷のデザイン帖』~人気クリエイターの「活版印刷」作品を多数掲載。唸るような素敵デザインの連続です!~
  • 『古典不要論への反撃!?書評劇場』~万葉学者・上野先生の古典・歴史中心の書評本。興味深い本がいっぱい!参考になりました!~
  • 『本で床は抜けるのか』~蔵書家ならではの悩みについて調べたルポ。筆者の大量の本はどうなる?引きこまれました!~
  • 『読まされ図書室』~女優・小林聡美さんが人から推薦された本を読み、感想を書き綴った一冊。いい企画ですね~
  • 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)』~ライフネット生命CEOの読書術。硬派!本と真正面から対峙していて清々しいほどでした!~
  • 『自由に遊ぶDIYの本づくり リトルプレス! Zine! フリーペーパー!』~自分でフリーペーパーなどを作るノウハウと実例が詰まった一冊。具体的で分かりやすい!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ