2012-06-08

豆本への招待―未来工房豆本全刊行記録

不思議で素敵な「豆本」出版社のお仕事の集大成

1979年創業で、数々の「豆本(まめほん)」を刊行してきた未来工芸さんの作品を集めた一冊。私は特に豆本に詳しいわけではありませんが、「こんな世界もあるんだ!」と驚くには十分な凝りようでした。豆本について詳しくはこちら→ http://goo.gl/x8LuU , http://goo.gl/Z4gbB

この本の著者であり、豆本の出版社・未来工芸を立ち上げた桑原宏さんは、元は学校の教師をなさっていて、退職後に豆本の魅力に取り憑かれてしまったそうです。最近では、手芸品として豆本を作るっている方も少なくありませんが、ここで紹介されているのは、とんでもなく本格的なものです。丸谷才一さん、宮尾登美子さん、吉行淳之介さん、水上勉さん、田辺聖子さんなどの著名作家の作品が登場し、会員内へ定期的に配本されるシステムだったとか。

本書に収録された短いエッセイのようなものの中に、豆本を製本する難しさが簡単に書かれています。手の平に乗るようなサイズの本を作るのですから、機械などが使えるはずもなく、全て手作業です。これは大変でしょう。

もちろん製本するだけではなく、愛好家に喜ばれるべく、ケースや装丁にもこだわります。ケースのバリエーションは、桐の箱入り、ステンドグラスのケース入り、鍵付きの収納ケースなどがあったり、さらに小さなサイズの豆本を作り、ミニチュア家具とセットにして販売したりしたのだとか。装丁も、宮尾登美子さんの作品では自らの着物を貼ったりしているそうです。

まずシリーズ全体の説明があって、写真一枚に説明がつく…という流れなので、やや画像点数が物足りなく感じますが、マニアックな世界に単純に「すごい!」と感嘆できる一冊ですね。

なお、私はこの本を図書館で借りてきました。奥付によると、1994年発行、特装版188部と並装版400部(定価3,800円)が世に出たのみらしいので、Amazonなどでも中古が高値で取引されているようです。なかなか目にできる機会は無いと思いますが、興味のある方は探してみてください。

本書より

本書より

本書より

本書より


【豆本への招待―未来工房豆本全刊行記録】の関連記事

  • 『ローカルメディアのつくりかた 人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通』~地元密着「ローカルメディア」の運営方法など。参考になりました~
  • 『偶然の装丁家 (就職しないで生きるには)』~変わった経緯で装丁家になった矢萩多聞さん。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『日本の最も美しい図書館』~美しい図書館41館を収録。静けさまで伝わってきそうな大判な写真が見事!~
  • 『“ひとり出版社”という働きかた』~全国のほぼひとりで運営される出版社。大変そう&楽しそう!刺激になります~
  • 『荒野の古本屋 (就職しないで生きるには21)』~東京・茅場町の古本店店主さんの人生語り。本好きとしては羨ましい生き方です~
  • 『あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)』~一人出版社「夏葉社」島田さんの体験談を語った一冊。こんな生き方もあるんですね!~
  • 『活版印刷の本 凸凹感と活字を楽しむ かわいい活版印刷のデザイン帖』~人気クリエイターの「活版印刷」作品を多数掲載。唸るような素敵デザインの連続です!~
  • 『古典不要論への反撃!?書評劇場』~万葉学者・上野先生の古典・歴史中心の書評本。興味深い本がいっぱい!参考になりました!~
  • 『本で床は抜けるのか』~蔵書家ならではの悩みについて調べたルポ。筆者の大量の本はどうなる?引きこまれました!~
  • 『読まされ図書室』~女優・小林聡美さんが人から推薦された本を読み、感想を書き綴った一冊。いい企画ですね~
  • 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)』~ライフネット生命CEOの読書術。硬派!本と真正面から対峙していて清々しいほどでした!~
  • 『自由に遊ぶDIYの本づくり リトルプレス! Zine! フリーペーパー!』~自分でフリーペーパーなどを作るノウハウと実例が詰まった一冊。具体的で分かりやすい!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ