2012-11-17

奈良に生きる 奈良を活かす―中川政七商店という生き方

奈良の老舗「中川政七商店」について徹底的に掘り下げた良書。ファン必読です!

創業300年を誇る奈良の老舗店舗「中川政七商店」について徹底的に掘り下げた、内容の濃い一冊。筆者は、手仕事ものなどの紹介を手がけるフリーライターで、奈良へ1年近く通いつめて本書をまとめています。「奈良晒とは何ぞや?」というところから始まっていて誰にも分かりやすいですし、ビジュアルが多めなのもいいですね。遊中川のファンはもちろん、奈良の商業史を知る上でもぜひ手にとって欲しい良書です。

紹介文:「奈良に本店を構える中川政七商店は、奈良晒(ざらし)と呼ばれる高級麻織物を代々扱ってきた創業300年の老舗だ。
近年、同社は奈良で育まれた伝統技術を生かした現代感覚の雑貨を扱う「遊 中川」「 粋更(きさら)」「中川政七商店」を立ち上げ、新しい和のビジネスモデルを構築してきた。
その先頭に立っているのが、13代当主の中川淳社長だ。
本書は、彼の経営思想を軸に、成功の背景にある奈良の伝統や文化、美意識、そして同社の歴史や活動、作り手の思いなどをビジュアルとともに紹介している。
ブランディングやライフスタイルビジネスに関心のある方はもちろん、伝統工芸を扱うメーカーや小売りなど、文化と伝統をビジネスの視点で読み解きたい方にも興味深い内容となっている。」

本書は6章に分かれていて、奈良晒の歴史と現状、奈良という町の紹介、中川政七商店の歴史と人、これからの展開というように、歴史と人、ビジョンが織り交ぜられた、バランスの良い構成です。ビジネス書のような戦略論に偏るのではなく、奈良という土地やその産物に興味がある人間にもとても興味深く読めるでしょう。しかし、カタログ的な商品の紹介などは最後の数ペーシのみ。単純にヨイショして商品の販売に結びつけるような内容では無い点も好感が持てますね。

個人的には、今でも月ヶ瀬村で作られている奈良晒の工房を紹介した部分がグッと来ました。主な生産拠点は海外に移していながらも、古くからの伝統を守るべく、月ヶ瀬でおばあちゃんが手作業で紡ぎだす工房は残し続けるのだとか。今どきなかなか出来ないことですよね。

中川政七商店という存在そのものがユニークですが、「奈良」という全国的に見れば明らかに風変わりな土地柄の影響も大きいでしょう。現代日本のペースとは少しずれた奈良という土地の良さを活かした企業ですから、これからも注目していきたいと思います。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

なお、中川政七商店については、十三代目の中川淳社長の著書『奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。』も合わせて読むと面白いでしょう。こちらはよりビジネス寄りですので、興味がある方はどうぞ。


【奈良に生きる 奈良を活かす―中川政七商店という生き方】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ