2019-03-22

団地の給水塔大図鑑

全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!

団地の給水塔大図鑑
団地の給水塔大図鑑
posted with amazlet at 19.03.10
小山 祐之
シカク出版
売り上げランキング: 71,266

団地の「給水塔」だけを、全国から400も集めて、分類し、ずらりと並べた一冊。街角観察などの1ジャンルとして給水塔を扱っている方がいるのは知ってましたが、これは確かに楽しいかも!



給水塔の世界はこんなにも華やかだ!「団地にある給水塔」だけを400基超収録した史上初のデータベース。色も形も個性豊かに、団地の暮らしを支える塔たちの美しい姿をご覧ください!

「内容紹介」より


給水塔とは、団地や工場などに安定して水を供給するための設備で、近年はポンプなどの性能向上のため新設されることはまず無く、次第に数を減らしているとか。どこかで見たような気もするんですが、意識していないとスルーしちゃいそうですね。

本書で紹介された約400の給水塔は、その形状ごとにボックス型・とっくり型・むき出し型・やぐら型・まち針型・フエラムネ型などに分類され、意外とバリエーション豊富なことがわかります。効率を考えたらシンプルな同じ型に落ち着きそうなものなんですが、そうではないんですね。

形状ごとに東西で偏りはあるものの、全国に分布していて、奈良県のものも14件も掲載されています(しかもすべて現存してます)。これらはすべて団地用に造られたもので、意外と普段から目にしている方も多いでしょう。

また、橿原市の県営橿原団地にある給水塔は、「常識破りのくぐれる給水塔」と題して、見開き2ページで紹介されています。ただ単にくぐれるだけで、誰にも何のメリットもないんですが、なぜこんな形状になったんでしょうか?

給水塔も、近い将来に消えていく昭和の風景です。ぜひ今のうちに見ておきたいですね。



【団地の給水塔大図鑑】の関連記事

  • 『銭湯は、小さな美術館』~南フランス出身の銭湯ジャーナリストさんが、日本の銭湯文化を親しみやすく解説!~
  • 『旅先銭湯』~テーマは「わざわざ行きたい風呂屋のあるまち」。旅先で訪れたい銭湯多数!~
  • 『ドライブイン探訪』~全国のドライブインを訪ね歩いて丹念に取材したルポルタージュ。内容が濃い!~
  • 『遊廓に泊まる (とんぼの本) 』~全国の「泊まれる元遊郭建築」を紹介した一冊。ならまち「静観荘」さんも掲載に~
  • 『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』~閉店する喫茶店の椅子やテーブルを販売するユニークな企業のコレクションなど~
  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『団地の給水塔大図鑑』~全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!~
  • 『日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)』~中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!~
  • 『銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)』~銭湯の歴史、現在、これから進む道。ややお固めですが興味深い内容です~
  • 『昭和のレトロパッケージ』~昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです~
  • 『日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)』~億万長者ゲームやおばけ屋敷ゲーム!昭和なゲームを網羅した一冊。懐かしい!~
  • 『レトロ銭湯へようこそ 関西版』~関西の47の名銭湯を集めた一冊。雰囲気バツグン!今すぐ行きたくなります!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ