2016-09-24

日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)

中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!

懐かしい昭和のアイテムを紹介する「タツミムック」シリーズの一冊。アイス、カセットテープ、自販機、10円ゲーム、ボードゲームなど、昭和生まれが喜ぶラインナップしてきましたが、そこに「即席めん」が加わりました!

私個人的にはそれほど昔から食べていた記憶はありませんが、やはり懐かしいものが続々と紹介されていて楽しいです!


説明文:「あの頃のあの味を思い出す…… 「即席めん」を通して、もう二度と戻らない少年時代、青春時代を懐かしむ。1958年の『チキンラーメン』(日清食品)の発売以来、「即席めん」は国民食として日本の食卓に深く根を下ろしてきました。様々なシーンで多種多様な即席めんを食べてきた記憶は、日本人の大多数が共有するものでしょう。また、自分が少年時代、青春時代に親しんだ即席めんに特別な思い入れやノスタルジーを感じる人も少なくないはずです。そこで本書では、昭和の時代を中心とした懐かしい「即席めん」にフォーカスし、今も現役のロングセラー、今はなき思い出の商品、忘却の彼方にあった名品・珍品、同時に袋めんからカップめん、ラーメンやうどん・そば、やきそばなどに至るまで、幅広く集めて掲載。さらに、当時のCMや広告、種々のコラム、関係者インタビューなども織り交ぜながら、バラエティ感溢れる内容で構成します。」

即席麺のルーツとされる「チキンラーメン」はもちろん、カップヌードルやサッポロ一番、明星チャルメラなどのロングセラーも、発売当初からのパッケージの変遷などが紹介されます。

また、いつの間にか消えてしまった懐かしの商品たちも充実。ミニラーメンちびろく、明星中華飯店、楊夫人、お湯かけて、青春という名のラーメン、ラーメンたべたい、本中華、クイックワンなどなど、「そういえばあったな」クラスのものが大量に掲載されています。ネットで検索しながら読むと、より楽しいですね。

また、全国のローカル即席麺などの紹介も。日本人は本当にラーメンを愛しているんですね。意味もなく嬉しくなりました(笑)

このシリーズ、かなり人気のようで、まだ読んでいないものだけでも文房具、ジュース、ラブホテル、ガチャガチャ、オーディオ、夏休み(?)なども取り上げられています。おそらくどれもなかなか楽しめるはずですので、追いかけていきます!


【日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)】の関連記事

  • 『銭湯は、小さな美術館』~南フランス出身の銭湯ジャーナリストさんが、日本の銭湯文化を親しみやすく解説!~
  • 『旅先銭湯』~テーマは「わざわざ行きたい風呂屋のあるまち」。旅先で訪れたい銭湯多数!~
  • 『ドライブイン探訪』~全国のドライブインを訪ね歩いて丹念に取材したルポルタージュ。内容が濃い!~
  • 『遊廓に泊まる (とんぼの本) 』~全国の「泊まれる元遊郭建築」を紹介した一冊。ならまち「静観荘」さんも掲載に~
  • 『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』~閉店する喫茶店の椅子やテーブルを販売するユニークな企業のコレクションなど~
  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『団地の給水塔大図鑑』~全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!~
  • 『日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)』~中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!~
  • 『銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)』~銭湯の歴史、現在、これから進む道。ややお固めですが興味深い内容です~
  • 『昭和のレトロパッケージ』~昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです~
  • 『日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)』~億万長者ゲームやおばけ屋敷ゲーム!昭和なゲームを網羅した一冊。懐かしい!~
  • 『レトロ銭湯へようこそ 関西版』~関西の47の名銭湯を集めた一冊。雰囲気バツグン!今すぐ行きたくなります!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ