2016-04-08

昭和のレトロパッケージ

昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです

昭和の時代の「パッケージデザイン」に注目し、簡単な解説とともにその特徴を俯瞰できる一冊。食品・文具・生活雑貨など、さまざまな商品を取り上げています。

いま見るとやや古臭い感じがするものがあったり、いまでもまったく古びていないものがあったり。「懐かしい」だけでは終わらない、デザインの共通性が感じられます。それを表現する言葉として、「キュート」「レトロ」「クール」「おしゃれ」「ゆるい」などが当てはまりますね。


説明文:「昭和30~60年代のお菓子、飲料、食品、日用雑貨を、「ロゴ」「色合い」「キャラクター」「イラスト」の4分類で掲載。デザイン面の面白さを訴求することで、懐古趣味以外の、パッケージデザイン等に興味のある層にもアピール。」


本書は「キャラクター・イラストレーション・ロゴ・いろづかい」の4章構成になっており、その中で「おかし・しょくひん・のみもの・にちようざっか」の分類ごとにアイテムが紹介されています。

カップヌードル・クールミントガム・サクマ式ドロップス・ペンテルくれよん・宇津救命丸・仁丹・ニッチング手芸・三色パックふりかけ・マンダム・サンテドウ・セメダインC・チェリオ・ネクター・ソフトグライダーなどなど。

古くからのベストセラーを中心に、初期デザインと最近のデザインを並べてみたり、その魅力が伝わってくる内容です。デザインの専門家であれば、それらを分類して活用したりするのかもしれませんが、単純に見ていて面白い内容ですので、誰もが楽しめるでしょう。



【昭和のレトロパッケージ】の関連記事

  • 『銭湯は、小さな美術館』~南フランス出身の銭湯ジャーナリストさんが、日本の銭湯文化を親しみやすく解説!~
  • 『旅先銭湯』~テーマは「わざわざ行きたい風呂屋のあるまち」。旅先で訪れたい銭湯多数!~
  • 『ドライブイン探訪』~全国のドライブインを訪ね歩いて丹念に取材したルポルタージュ。内容が濃い!~
  • 『遊廓に泊まる (とんぼの本) 』~全国の「泊まれる元遊郭建築」を紹介した一冊。ならまち「静観荘」さんも掲載に~
  • 『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』~閉店する喫茶店の椅子やテーブルを販売するユニークな企業のコレクションなど~
  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『団地の給水塔大図鑑』~全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!~
  • 『日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)』~中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!~
  • 『銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)』~銭湯の歴史、現在、これから進む道。ややお固めですが興味深い内容です~
  • 『昭和のレトロパッケージ』~昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです~
  • 『日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)』~億万長者ゲームやおばけ屋敷ゲーム!昭和なゲームを網羅した一冊。懐かしい!~
  • 『レトロ銭湯へようこそ 関西版』~関西の47の名銭湯を集めた一冊。雰囲気バツグン!今すぐ行きたくなります!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ