2017-03-09

正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)

正倉院宝物181点を厳選し、分かりやすく解説。バランスが見事な良書!

毎年秋に公開されてたくさんの観客が押し寄せる、奈良国立博物館の「正倉院展」。正倉院宝物181点を厳選し、それぞれの特徴などを分かりやすく解説した一冊です。

著者は、宮内庁正倉院事務所長の杉本一樹さん。これまでの著作でも、正倉院の間近にいる人ならではのエピソードなども披露していらっしゃいましたが、この本でもときに専門的に、ときに親しみやすく、その魅力を語っていらっしゃいます。



これぞ、美のオールスター! 正倉院展を10倍楽しめる必携ガイド。奈良の都にもたらされた約9000点もの国際色豊かな工芸品や文物のなかから、その宝物すべてを誰よりも身近に知る著者が、聖武天皇遺愛の調度や生活道具、楽器、遊戯具、文房具、仏具、染織品などアイテムごとに厳選。見どころや細部までわかりやすく紹介する、これぞ決定版! 全点鑑賞制覇をめざすためのチェックリスト付き。

「内容紹介」より


私自身、正倉院宝物に関する書籍は何冊も読んで来て、図鑑のように分厚い『正倉院美術館 ザ・ベストコレクション』(紹介記事)は手元に置いてますし、図版の大きな『正倉院の世界 (別冊太陽 日本のこころ)』や各年の図録なども定期的に目を通しています。

そんな中でも、画像と解説のバランス、手頃さやわかりやすさでは、この本がトップクラスかもしれません。見ているだけで楽しめますし、初心者さんから楽しめるでしょう。160ページでお値段2,160円(税込)しますが、それ以上の価値はあると思います。

巻末についてる「全点鑑賞制覇をめざすためのチェックリスト」も、意外と便利なのかも。いつの間にか実際に見たものと、本で見かけたものの区別が曖昧になっているので、毎年、記憶を整理したいと思っていたんですよね。

手元に置いておいて定期的にぱらぱらっとページをめくりたくなる一冊です。興味のあるかたはぜひ!

●自分メモ
聖武天皇の宸筆として確実なものは、正倉院に収められている『雑集』、そして静岡・平田寺の『聖武天皇勅書』(国宝)の中の「勅」の1字のみなのだとか。(「宸翰 - Wikipedia」に画像あり)



【正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)】の関連記事

  • 『ぼく、ニホンオオカミになる!!』~東吉野村のコンテスト最優秀作品。優しいお話で感動しました!~
  • 『正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)』~正倉院宝物181点を厳選し、分かりやすく解説。バランスが見事な良書!~
  • 『ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台』~人気番組を書籍化。ファンなら楽しめる裏話も多く盛りだくさん!~
  • 『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』~出久根達郎さんが奈良の名奉行の日常生活を日記をもとに小説化。面白い!~
  • 『古都・奈良の守り神を訪ねて 歩いてめぐる春日大社』~春日大社を知る・楽しむために最適。バランスの良い内容で読み応えあり!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『d design travel NARA』~独自視点の奈良ガイド。見逃しがちな「奈良らしさ」が再発見できます~
  • 『鷗外「奈良五十首」を読む (中公文庫)』~正倉院の開封に立ち会っていた森鴎外が詠んだ奈良の歌。丁寧に解説した良書~
  • 『奈良の朝歩き、宵遊び (奈良を愉しむ)』~奈良の美しい朝、しっとりした夜。古都の新たな魅力に気づく一冊~
  • 『正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)』~行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ