2016-12-16

古都・奈良の守り神を訪ねて 歩いてめぐる春日大社

春日大社を知る・楽しむために最適。バランスの良い内容で読み応えあり!

2016年の秋、20年に一度の「式年造替」で社殿も一新された春日大社。その魅力の味わい方を、初心者にも分かりやすく、それでいて下世話にならない(=パワースポットとしてはしゃがない)程度にたっぷりと案内した一冊。

解説も丁寧ですし、私のようなそれなりに基礎知識のある者にも「知らなかった」と思わせるようなポイントも多く、最後まで楽しく読めました。この本を参考に、神域を歩き回りたくなりますね!



今から約1300年前、奈良の都の守り神として創建された春日大社。平成28年秋には、20年に一度の「式年造替」(しきねんぞうたい)が行われ、社殿も新たに。いまこそ訪れたい日本の聖地です。

春日大社の神域は、貴重な原始林が今なお残る神山・御蓋山(みかさやま)を含む広大なもの。豊かな自然のなかで鹿たちが憩い、悠久の歴史や信仰を伝えるスポットが点在しています。本書は、美しい写真やわかりやすい地図とともに、春日大社をくまなく紹介するハンディなガイドブック。楽しみながら神域をめぐり、参拝することができます。

ほかに、花山院弘匡(かさんのいん・ひろただ)宮司のインタビューや、至高の祭典である式年造替の模様、所蔵する国宝・重文クラスの華麗な名宝、四季折々の祭りや花など、春日大社の魅力をあますところなく紹介。マニアックな情報も満載しています。
一読すれば、春日大社が守り伝える1300年の信仰と文化について理解が深められ、何度でも訪れたくなることでしょう。

「内容紹介」より


本書の目次は以下のようになっています。

【1】春日大社の神域へ ~初めてのお参りからリピーター向けコースまでを徹底ガイド
【2】花山院弘匡宮司に教わる春日大社のなりたち
【3】20年に1度、神様のお住まいを新しく ~式年造替を知る
【4】麗しの超逸品をご紹介 春日の名宝
【5】四季の祭りと花でつづる 春日歳時記

春日さんの魅力や特徴をまんべんなく紹介していますが、とくに充実しているのは【1】のコースガイドですね。どこに何がある・見どころはこれ、というような基本的な情報に加えて、他の本ではなかなか気づかないようないろんな知識が混ぜ込まれています。

春日荷茶屋や重森三玲庭園の紹介があったり、釣燈籠や春日七燈籠の見分け方、若宮15社めぐりのやり方、「禰宜道から高畑へ」「水谷道から若草山へ」といったコースの紹介など、あらためてじっくりと参拝したくなる情報が多かったです。

また、(当たり前のことですが)知らずに通り過ぎていた橋や道など、いちいち丁寧に正式名称が書いてあったりするのもいいですね。たとえば、本殿から若宮へ向かう道は「御間道(おあいみち)」、そこにかかる丹塗りの橋は「布生橋(ふしょうはし)」など、まったく知らなかったような名前が次々と登場します。

こうした観光ガイド的なページばかりではなく、花山院宮司から春日大社の歴史が語られたり、その御神宝について詳しく紹介されたり。四季の祭りのページでも、知らなかったようなものも多く見られ、とても興味深かったです。

単なる初心者向けのガイド本かと思って軽く見てましたが、役立つ情報もあり、読み応えもありで、とてもバランスの良い内容でした。興味のあるかたはぜひ!


【古都・奈良の守り神を訪ねて 歩いてめぐる春日大社】の関連記事

  • 『ぼく、ニホンオオカミになる!!』~東吉野村のコンテスト最優秀作品。優しいお話で感動しました!~
  • 『正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)』~正倉院宝物181点を厳選し、分かりやすく解説。バランスが見事な良書!~
  • 『ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台』~人気番組を書籍化。ファンなら楽しめる裏話も多く盛りだくさん!~
  • 『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』~出久根達郎さんが奈良の名奉行の日常生活を日記をもとに小説化。面白い!~
  • 『古都・奈良の守り神を訪ねて 歩いてめぐる春日大社』~春日大社を知る・楽しむために最適。バランスの良い内容で読み応えあり!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『d design travel NARA』~独自視点の奈良ガイド。見逃しがちな「奈良らしさ」が再発見できます~
  • 『鷗外「奈良五十首」を読む (中公文庫)』~正倉院の開封に立ち会っていた森鴎外が詠んだ奈良の歌。丁寧に解説した良書~
  • 『奈良の朝歩き、宵遊び (奈良を愉しむ)』~奈良の美しい朝、しっとりした夜。古都の新たな魅力に気づく一冊~
  • 『正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)』~行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ