2014-09-08

俳人の大和路 (ショトル・トラベル)

松尾芭蕉・正岡子規・水原秋桜子・水原秋桜子など、奈良を詠んだ俳人たちを紹介した一冊

奈良を吟行した俳人、または奈良在住の俳人たちの作品を紹介した一冊。雑誌「サライ」の特集記事を単行本化したもので、文学者を取り上げた『文士の大和路』の続編のような内容です。

私は俳句に関してはまったく知識はありませんが、松尾芭蕉や正岡子規など、教科書に必ず名前が載っているような方たちの作品はもちろん、この本で初めて名前を知ったような方もいて、とても興味深かったです。


説明文:「日本人の心の故郷・大和路は正岡子規や水原秋桜子など、日本を代表する俳人たちがこぞって訪れ、たくさんの名句を残した地でもあります。本書は『サライ』誌上で好評を博した「俳人が歩いた大和路」に大幅に加筆修正を加え、新たに芭蕉の歩いた峠の道、大和への道、吉野の道などを詳細地図とともに新たに書き下ろしました。更に、名刹の仏像を詠む、奈良の祭りを詠む、などの項目を新たに収録し、さらには、俳人たちの息づかいが聞こえてくるような豊富なコラムに写真、細密な地図などを加え、今も日本人の心をひきつけてやまない「まほろばの里」を、名句を味わいながら散策するための必携のガイドブックとなっています。」


紹介されているのは、正岡子規、水原秋桜子、山口誓子、橋本多佳子、細見綾子、松瀬青々、阿波野青畝、原石鼎、高浜虚子、松尾芭蕉の10名の俳人たち。それぞれが奈良を詠んだ名句とともに、人となり、歌が詠まれた背景などを解説していきます。

万葉集の発祥の地だけに、奈良を題材とした短歌はよく耳にしますが、古くから文化人に愛された奈良の土地だけに、たくさんの方が吟行にきているんですね。

有名な正岡子規の「柿くへば 鐘が鳴るなり 法隆寺」では、じつは柿を食べながら聞いた鐘の音は、法隆寺のものではなく、東大寺のものだったかも……というエピソードなどを交えつつ、楽しく読めました。

個人的には、阿波野青畝さんの「葛城の 山懐に 寝釈迦かな」「三輪山は 玉と鎮みぬ 星月夜」という句が好きでした。この方の作品を調べてみたいと思います。



【俳人の大和路 (ショトル・トラベル)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ