2014-08-18

入江泰吉の奈良 (とんぼの本)

奈良を愛した写真家の没後すぐ出版された一冊。失われた奈良の風景への憧憬が募ります

奈良の風景を追い続けた写真家・入江泰吉さん。亡くなられた直後に発売された、芸術新潮の1992年4月号「写真家・入江泰吉が残そうとした奈良」を再編集したものです。

同じ場所から、撮影時期を変えた作品を並べて比較したり、今では立ち入ることが出来ないような場所から撮影してあったり。何十年にもわたって奈良の風景を撮影してきた方だけに、蓄積が違いますね。


説明文:「日本人の郷愁をかきたてる昭和20~30年代の懐かしき大和路の風景…、残された膨大なネガ・フィルムには、入江泰吉氏がぜひとも残したいと切望しながらも、今は失われてしまった、もう二度と目にすることのできない大和路が、写しとどめられていた。氏にしか撮れなかった奈良である。未公表写真も含め、大和路を撮り続けた写真家・入江泰吉氏の半世紀の軌跡をたどる。」


入江泰吉さんは、昭和20年代ごろから撮影を初めていますから、今から60年近く前の奈良の風景が収められています。飛鳥や斑鳩、奈良市内ですらまだ田んぼが広がっていて、牧歌的としか言いようがない姿でした。しかし、生前から「奈良の素晴らしい風景が失われてきている」と危機感を抱かれていたように、写真の中でもどんどん開発が進み、宅地化されていくのが分かります。

この本の発売ですら、今から20年以上前のことですから、驚きもしますし、恐ろしくもなりますね。ここに暮らす人間は、「奈良いつまで経っても田舎のままだ」と思いがちですが、決してそんなことはありません。入江さんの写真を拝見していると、失われた奈良への憧憬が募ってきますね。

入江さんご本人の文章はもちろん、奥さまや随筆家・白洲正子さん、東大寺・法華寺・興福寺・薬師寺・法隆寺の長老クラスの方々が、入江さんとの思い出を語った文章を寄せていらっしゃったりします。定期的に読み返したい内容ですね。



【入江泰吉の奈良 (とんぼの本)】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ