2014-07-10

神様と出会う神社の旅 奈良編

吉田さららさんが奈良の神社を紹介した一冊。初心者からベテランまで役に立つ良書です!

寺タビストを名乗る吉田さららさんが、奈良の神社を紹介していく一冊。発売は2011年6月。平城遷都1300年祭の翌年のもので、やや時間が経っていますが内容的には古びていません。お祭り気分で浮かれたものではなく、しっかりと読ませるガイドブックになっています。


説明文:「カミタビスト吉田さらさのゆったりゆるやか神さまと出会う奈良の旅。奈良の主な神社を、パワースポットを中心にわかりやすく解説しています。また、本書ではそのパワーの源となる神様についても詳細に語られているので、より深い知識を身につけることができます。」


仏像などが目に見える形で存在しているお寺と比べて、神社は分かりづらい印象があります。冒頭の「奈良の神社めぐりを楽しむ六つのオキテ」では、そういった点から分かりやすく解説されています。

本編では、春日大社・奈良市内の神社・山辺の道・橿原飛鳥、談山神社・葛城古道という、大きな6つの章に分けて奈良の神社を紹介しています。春日大社や大神神社などは、摂社や末社、行事まで比較的詳しく紹介されていますし、それ以外のところも主だったところは網羅されているように思えます。

まずは有名な神社をめぐるのがお勧めなのはもちろんですが、その周辺のちょっと足を伸ばしてお詣しておきたい神社や、特定日のみの催される例祭なども紹介されています(扇舞・ちゃんちゃん祭・紅弊踊・嘉吉祭など)。奈良の神社に興味を持ち始めた方が、その次に注目すべき点がちゃんとまとめられていていいですね。

硬いばかりではなく、お守りや占いのような、親しみやすい情報とのバランスもよく、とても読みやすい内容でした。

奈良県内の広いエリアの神社を取り上げていますし、奈良の神社をめぐる際に役立つ相棒になってくれるでしょう。ぜひ探してみてください!



【神様と出会う神社の旅 奈良編】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ