2014-01-03

Milk cap―牛乳ビンのふたの本

500種類の「牛乳ビンのふた」コレクション。デザイン多様で、変遷などの読み物も面白いです

懐かしい「牛乳ビンのふた」について掘り下げた一冊。全国各地の500種類の牛乳ビンのふたコレクションが紹介されていて、迫力がありますね。私個人は特に集めた記憶もありませんが、図書館で偶然見つけて借りてみたのですが、詳しいことはまったく分からないながらも気軽に楽しめる世界でした。


説明文:「子どもの頃、牛乳ビンのふた集めてませんでした? 直径34.1ミリの紙のふたの中に入れられている情報とそのバリエーション…。そんな味わい深い牛乳ビンのふた500種類のコレクション。」


本書では、牛乳ビンのふたをエリア別に500種類ずらりと並べて紹介するページがメインです。サイズも形も決まっていますし、そこに記載しなければいけないもほぼ同じですから、どれも似たようなデザインになりそうなものですが、意外とバリエーションがあるんですね。カラーだったり大きめにイラストが入っていたり、見ていて楽しいものも多くありました。

牛乳ビンのふたの時代ごとの変遷を見ると、戦前はサイズもばらばらで、全乳・完全消毒などの文字が入っていましたが、時代を下るにつれて高温殺菌・殺菌温度を表示したもの・製造日表示・消費期限表示など、色んなタイプがあるようです。

自分自身の記憶をたどってみると(1969年生まれ)、牛乳ビンだったのは小学校低学年の時だけで、すぐに紙パックのものに変わったように思います。クラスの中で集めているやつもいましたが、それほど盛り上がったわけではなかったような…。酒どころだったので、帰り道の酒屋で「日本酒のふた」を集めていた記憶はありますが(笑)

また、適度の読み物系の記事もあります。牛乳生産の歴史や海外のもの、学校給食の懐かしい写真、リリー・フランキーさんらの牛乳にまつわるエッセイなど、この世界に詳しくない方でもついていけるようになっています。楽しめるかどうかは人それぞれですが、なかなか興味深い世界ですね。

ちなみに、この本の発売は2002年で、Amazonでも定価よりも高く中古品が出回っているような状況のようです。関連書籍として、配達された牛乳ビンを入れる「牛乳箱」の写真集『思い出牛乳箱』というものもあるとか!興味のある方はぜひ(笑)


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【Milk cap―牛乳ビンのふたの本】の関連記事

  • 『銭湯は、小さな美術館』~南フランス出身の銭湯ジャーナリストさんが、日本の銭湯文化を親しみやすく解説!~
  • 『旅先銭湯』~テーマは「わざわざ行きたい風呂屋のあるまち」。旅先で訪れたい銭湯多数!~
  • 『ドライブイン探訪』~全国のドライブインを訪ね歩いて丹念に取材したルポルタージュ。内容が濃い!~
  • 『遊廓に泊まる (とんぼの本) 』~全国の「泊まれる元遊郭建築」を紹介した一冊。ならまち「静観荘」さんも掲載に~
  • 『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』~閉店する喫茶店の椅子やテーブルを販売するユニークな企業のコレクションなど~
  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『団地の給水塔大図鑑』~全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!~
  • 『日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)』~中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!~
  • 『銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)』~銭湯の歴史、現在、これから進む道。ややお固めですが興味深い内容です~
  • 『昭和のレトロパッケージ』~昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです~
  • 『日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)』~億万長者ゲームやおばけ屋敷ゲーム!昭和なゲームを網羅した一冊。懐かしい!~
  • 『レトロ銭湯へようこそ 関西版』~関西の47の名銭湯を集めた一冊。雰囲気バツグン!今すぐ行きたくなります!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ