2013-06-19

ペナント・ジャパン

1970年前後に流行した三角形の「観光ペナント」100枚掲載。歴史などを紹介した一冊です

お土産の定番だった三角形の「ペナント」についてまとめた一冊。2004年とやや古めの本ですが、日本全国の100枚のペナントを紹介してあって、なかなか充実しています。単純に懐かしくてレトロなデザインは斬新に感じられますが、最近の若者は実物を見たことすらないかもしれませんね。


説明文:「 札幌・昭和新山・青函連絡船・恐山・十和田湖・なまはげ・八幡平・蔵王―など日本全国の観光ペナント一〇〇枚をカラーで掲載。いまや希少価値の日本国内の観光地をモチーフにしたペナント100枚を地域別・図鑑風に紹介。ペナントの生い立ちや日本での流行の歴史から、昭和の観光ブーム、戦後日本家屋との関係、図像・風景論まで充実の内容。」


観光ペナントのブームのピークは、1970年の大阪万博の前後のこと。「デイスカバージャパン」のキャッチフレーズのもと、国内の旅行が活発化した時代です。50年後半~80年前半までに約30年ほど製造されていたのだそうです。その当時は旅行のお土産の定番であり、部屋の壁に三角形のペナントがずらりと並ぶ姿は、若者や少年の憧れでもありました。

私自身(1969年生まれ)は、そのブームの香りを少しだけ知っている程度。親戚の家の壁に大量のペナントが貼ってあって、ちょっとかっこいいと憧れた記憶がありますが、自分で購入した記憶はありません。

この本で改めて100種類ものペナントを見てみると、時代の流れが感じられて面白いですね。凝った観光地の刺繍に、大きなアルファベットや漢字が入り、周りには房飾りが。初期のころは2色だったり、最後の方には写真入りになっていたりと、色んなパターンがあるんですね。妙な高級感と荒っぽさがあって、当時の少年たちを惹きつけたのも納得できる気がします。

私が住む奈良からは、奈良公園・法隆寺・吉野・長谷寺と、4種類のペナントが掲載されています。さすがに観光県だけあって、もともとものすごい種類のペナントが作られていたんでしょうね。他県を見ると、岩手の「陸中海岸一周」、福井の「レインボーライン」、鳥取の「大山縦走」など、観光地としてちょっと変わった場所のものもありますので、いかに定番の土産物として浸透していたのかが分かります。

本書の著者さんも、私と同様にペナントのブームには遅れてきた世代で、大人になってから捨てられそうなペナントを探しまわって、コレクションをしたのだとか。このため、熱狂的なマニア目線ではなく、比較的クールな目で観ているので、ちょうど読みやすい感じです。展示スペースを使っての「ペナント展」のようなものも実施されていますので、これは今でも見てみたいですね。

後半の綴じ込みページには、ペナントの歴史や工場へ行った記事などもありますので、読み物としてもなかなか面白いですね。新品で手に入れるのも難しいかもしれませんが、お好きな方はぜひ探してみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【ペナント・ジャパン】の関連記事

  • 『銭湯は、小さな美術館』~南フランス出身の銭湯ジャーナリストさんが、日本の銭湯文化を親しみやすく解説!~
  • 『旅先銭湯』~テーマは「わざわざ行きたい風呂屋のあるまち」。旅先で訪れたい銭湯多数!~
  • 『ドライブイン探訪』~全国のドライブインを訪ね歩いて丹念に取材したルポルタージュ。内容が濃い!~
  • 『遊廓に泊まる (とんぼの本) 』~全国の「泊まれる元遊郭建築」を紹介した一冊。ならまち「静観荘」さんも掲載に~
  • 『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』~閉店する喫茶店の椅子やテーブルを販売するユニークな企業のコレクションなど~
  • 『キャバレー、ダンスホール 20世紀の夜』~キャバレーやダンスホールなどの写真集。消えゆく昭和の遺産、儚く美しいです~
  • 『団地の給水塔大図鑑』~全国の400もの給水塔を集めた1冊。県営橿原団地の「くぐれる給水塔」も注目!~
  • 『日本懐かし即席めん大全 (タツミムック)』~中華飯店、楊夫人、お湯かけて、クイックワンなど、懐かしブランドが続々!~
  • 『銭湯:「浮世の垢」も落とす庶民の社交場 (シリーズ・ニッポン再発見)』~銭湯の歴史、現在、これから進む道。ややお固めですが興味深い内容です~
  • 『昭和のレトロパッケージ』~昭和の「パッケージデザイン」を俯瞰。いま見ても古びない美しさです~
  • 『日本懐かしボードゲーム大全 (タツミムック)』~億万長者ゲームやおばけ屋敷ゲーム!昭和なゲームを網羅した一冊。懐かしい!~
  • 『レトロ銭湯へようこそ 関西版』~関西の47の名銭湯を集めた一冊。雰囲気バツグン!今すぐ行きたくなります!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ