2013-02-16

ならものこころの旅 :暮らしの中の奈良ブランド

奈良で作られる74のものたち。すべてが愛おしい「奈良ブランド」です!

ならものこころの旅 :暮らしの中の奈良ブランド

工業デザイナー・北井勲さんが、奈良新聞に連載中のコラム「暮らしの中の奈良ブランド」をまとめたもの。初回から最新の74回までを再構成して、フルカラーの美しい写真とともに、奈良の工芸品や工業品を伝えています。

奈良の工芸品や特産品というと、吉野杉を用いた木工細工、広陵町の靴下(国内シェアの4割!)奈良墨、大和郡山の金魚、吉野くずなどが思い浮かびます。しかし、奈良に根付いた産業は、決してそれだけではありません。本書では住まいや食などのカテゴリーごとに、奈良で生まれている素敵なものたちを紹介しています。

●「装」-斑鳩のオーガニックバッグ、広陵のショートパイルソックス、川西の貝ボタンなど
●「伝」-御所のもこもこアート、三条町の奈良墨、大塔惣谷の杓坪子など
●「佇」-天川のエッセンシャルオイル、桜井のべっ甲、角振町の奈良団扇など
●「景」-天理の飛鳥瓦、生駒のスピーカーなど
●「養」-吉野山の吉野本葛きり、矢田原町の大和肉鶏、生駒のレインボーラムネなど
●「暮」-大和高田の湯たんぽ、高山の編み針、香芝二上山のサンドペーパーなど

誰もが知っているような有名どころから、まったく初めて目にするような工業製品まで、奈良の土地でいろんなものが創りだされていることが分かります。普段はあまり意識することはありませんが、これらすべてが「奈良ブランド」なんですね。美しい写真と、それに添えられた短く的確な文章で紹介されており、どれもとても愛おしく感じられました。

大淀町の出版社「冬至舎」さんから、2012年12月に出版されており、お値段は「1,575円」。一般書店には流通していません。ネットでは、冬至舎さんのホームページから購入できますし、実物が観てみたいという方は、奈良きたまちの「旅とくらしの玉手箱 フルコト」さんで扱っています。

本当に素晴らしい内容ですので、ぜひご覧ください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


■参考にさせていただきました

奈良県の物作り74品 一堂に紹介/デザイナー北井勲さん「なら もの こころの旅」出版
奈良新聞WEB | 社会 | 奈良で出版記念写真展 - 県内のブランド紹介/工業デザイナー・北井さん


【ならものこころの旅 :暮らしの中の奈良ブランド】の関連記事

  • 『彼岸の図書館: ぼくたちの「移住」のかたち』~東吉野村の私設図書館オーナーご夫妻の移住生活。自分の居場所について考えさせられる良書です~
  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ