2012-11-23

奈良時代一周~まほろばを歩く

NHK人気番組のスピンオフ企画的な一冊。奈良時代を1年1エピソードで俯瞰していきます

NHKで放送されていた「45日間奈良時代一周」のアドバイザーを務められていた、阪南大教授の来村多加史さんの著作。番組のスピンオフ企画的な位置づけで、2010年6月に発売されました。

私は番組を観ていなかったので詳しくは分からないのですが、本書では平城京に遷都されて奈良時代が始まった710年に始まり、長岡京へ都が移った784年まで、1年ずつその年に起こったエピソードを紹介していく面白いスタイルになっています。

紹介文:「日本の原点が形作られた奈良時代。710年~784年の歴史を1年ずつたどる75編の物語が、その淵源にさかのぼり、その躍動を伝える風物をひもといていきます。NHK番組「45日間奈良時代一周」のエッセンスが満載。併載写真は約150点。巻末には「奈良を語るための豆知識80話」(英語・中国語・ハングルの対訳付き)を併載して、とっておきの奈良情報をコンパクトに紹介します。」

大きな内乱は少なかったものの、血なまぐさい政争に明け暮れた奈良時代。大雑把な流れは把握していても、より細かく見ていくと新しい発見があります。

例えば、737年は日本中で天然痘が流行り、政界を牛耳っていた藤原氏の四兄弟が相次いで亡くなります。まず4月に次男の房前(57歳)が、7月には4男の麻呂(43歳)、7月に長男の武智麻呂(58歳)、8月に3男の宇合(44歳)が亡くなるという、まさに異常事態ですね。その原因となったのは、同年の正月、遣新羅大使が帰国した際に対馬で病死、副使も発病していたとか。こうして大陸から持ち込まれた疫病はまたたく間に広がり、真っ先に発病した房前を見舞った際に兄弟全員が羅病したのでしょう。

さらに、その8年前には藤原四兄弟が中心となって、最大の政敵・長屋王を自害へ追い込んでいますので、その祟りと考えられるのは当然のことだったかもしれません。ちなみに、その後の政界の中心を担うことになる僧・玄昉と吉備真備は、735年に帰国しています。天然痘の大流行を無事にやり過ごせたんですね。

このように、歴史の流れを少し違ったアングルから眺められるのが本書の楽しみ方でしょう。中には、「ペルシャ人の来日」「奈良時代の目安箱」「僧侶も賭博」「奈良時代の不倫スクープ」など、ちょっとした小ネタっぽいものが入っていたり、その年とは直接的な関係の薄いエピソードが紹介されたりもしますが、それも含めて面白いですね。1年につき1ページずつですので、それぞれのエピソードはあまり深まりませんが、奈良時代を一覧するという目的は果たせているでしょう。気軽に読める一冊ですね。


【奈良時代一周~まほろばを歩く】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ