2012-09-01

風の王国 第一巻 翔ぶ女

二上山を舞台にしたロマンあふれるストーリー。きっと二上山を見る目が変わります!

奈良県と大阪府の境に広がる「二上山」。この山が重要な舞台となる、五木寛之さんの小説です。3巻一気に読了しました。

私は二上山の麓に暮らしているため、毎日のように御岳と雌岳が連なった姿を見ています。時には二上山の写真をアップしたりもしていますが、何名もの方から「『風の王国』を読んで以来、二上山は憧れの山です」というコメントをいただいていました。

普段はほとんど小説を読まなくなった私ですが、さすがにこれは無視できないと、ようやく図書館で借りて読んでみましたが、さすがに面白いです!これだけ二上山二上山二上山と連呼されるお話は他にはありませんね。折口信夫さんの『死者の書』の比ではありません。

ネタバレを避けるため、あまり詳しいことは書けませんが、以下の内容紹介がよく特徴を表しています。

「トラベル・ライターの速見卓は、取材で初めて二上山を訪れた。二上山で速見が見たのは、この世の者とは思われない速さで山を疾駆する「翔ぶ女」葛城哀。そして謎に満ちた「へんろう会」の人々。彼らはいったい何者なのか?二千年の大和の闇の部分を巡る道、二上山の南麓から葛城・金剛の山裾をぬって風の森峠までのルートは、大和の“影の細道”にあたる。朝日さす神の山・三輪山に対して、西の二上山は、日の沈む浄土の山。山頂には、悲劇の皇子・大津皇子の墓があり、この世とあの世の境の山…。その日から、速見の想像を絶する人生が動き出していく。」

さらには「愛と戦慄の五木ロマン最大傑作」なんて紹介もあるほど。ロマンといえばロマンですし、中二病といえば中二病です。ライトノベルの走りのような感覚で読めますね。やや設定や描写が行き過ぎな部分もありますが、二上山に思い入れのある人間にとっては、それも心地いいです。お話と分かっていても、二上山をまた違ったイメージで見られると思いますし、次に二上山に登ったらものすごい早足で歩くと思います(笑)

また、仏教にも含蓄のある五木さんだけに、決して宗教を異様なものとして描くようなこともありません。さらに、作中には、県令・斎所厚という人物が登場してきますが、これは実在した税所篤(さいしょあつし)がモデルであることは間違いありませんし、ボストン美術館に仁徳天皇陵から出土したと伝わる宝物がある件も絡めたりと、さすが細部にまでこだわっているのが伝わってきます。

たまにややこしい単語は出てきますが、決して難しいものではありませんし、軽いSF小説として楽しめるような内容ですから、奈良好きな方は気軽に手にとってみて欲しいですね。私は、全3巻の「改訂新版」で、横書きで文字大きめのものでした。3巻とはいえスイスイと読み進められますので、お気軽にどうぞ!

3巻の改訂新版の続きはこちら。Amazonなら中古品が安く出ていますし、図書館を探しても見つかる可能性は高いと思います。



文庫版はこちら(定価740円)。


【風の王国 第一巻 翔ぶ女】の関連記事

  • 『写真集 美しい刑務所 明治の名煉瓦建築 奈良少年刑務所』~美しい近代建築の姿を収めた写真集。関係者さんの温かいコメントも必見!~
  • 『旅人と地元人の洞川の本』~旅人と地元民。それぞれの視点から語る洞川。行者さんへのインタビューも掲載!~
  • 『ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)』~奈良の舞台にした短編小説集。青春あり、SFあり。奈良好きは必読の面白さ!~
  • 『若狭の聖水が奈良に湧く』~お水取りに福井県小浜市から水を送る「お水送り」について調べた一冊~
  • 『祭礼で読み解く歴史と社会 春日若宮おん祭りの900年』~おん祭の歴史的な変遷などをたっぷり解説。充実の内容です!~
  • 『大安寺の歴史を探る 大安寺歴史講座2』~謎の多い大安寺の歴史をわかりやすく。いろんな気づきがありました!~
  • 『今昔 奈良名所』~中世からの「奈良の名所」案内。豆知識がいっぱいで楽しめます!~
  • 『ぼく、ニホンオオカミになる!!』~東吉野村のコンテスト最優秀作品。優しいお話で感動しました!~
  • 『正倉院宝物: 181点鑑賞ガイド (とんぼの本)』~正倉院宝物181点を厳選し、分かりやすく解説。バランスが見事な良書!~
  • 『ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台』~人気番組を書籍化。ファンなら楽しめる裏話も多く盛りだくさん!~
  • 『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』~出久根達郎さんが奈良の名奉行の日常生活を日記をもとに小説化。面白い!~
  • 『古都・奈良の守り神を訪ねて 歩いてめぐる春日大社』~春日大社を知る・楽しむために最適。バランスの良い内容で読み応えあり!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ