2012-07-27

奈良の銘酒

清酒発祥の地・奈良の22の蔵元が紹介された一冊。日本酒好きは必読です!

元は酒類のバイヤーだったという筆者が、奈良県内の22の蔵元を訪ね歩いて、その特色を紹介した一冊。私自身、奈良の日本酒が大好きでよく飲んでいますが、この本は「もう少し蔵の違いなどの知識が身についてから読もう」と後回しにしていました。ようやく満を持して手にとってみると、面白いです!奈良県内の蔵それぞれの違いなどが見えてきて、これからより楽しめそうですね。

全国的にはあまり知られていませんが、奈良は「清酒発祥の地」で、美味しい日本酒が作られている土地です。本書も、簡単な日本酒の歴史をひも解き、清酒が生まれた奈良・正暦寺のご住職へのインタビュー、そして「菩提もと」という酒母を使って古い時代の日本酒を復活させたお話などが冒頭から語られています。

続いて、奈良県内の蔵元が紹介されていきますが、知名度が(おそらく)全国区の、「春鹿」の今西清兵衛商店さん、「やたがらす」の北岡本店さん、「梅乃宿」の梅乃宿酒造さんなどはもちろん、なかなか一般に流通しない「風の森」の油長酒造さんなどが取り上げられています。油長酒造さんなどは、別ページでお若い杜氏さんが紹介される力の入れよう。奈良の日本酒販売店へ行くと、こっそりと「風の森のいいのが入りましたよ!」と勧められるような商品づくりをしている蔵だけに、注目度が違います。

もともと私は奈良の人間ではありませんでしたから、以前は奈良のお酒のブランド名を聞いてもピンと来ていませんでした。しかし、今となっては、豊祝・往馬・萬穣・稲天・初霞・百楽門・櫛羅・猩々・花巴など、名前を聞いただけでうっとりできるようになりました。

日本酒は、ただ美味しい美味しいと飲んでいるだけでも楽しいのですが、ちょっとテーマを決めたり、同じ蔵のものを飲み比べるとか、各蔵の菩提もとだけを味わうなどすると、より楽しめます。次からはこの本を熟読してから挑みたいと思います!


【奈良の銘酒】の関連記事

  • 『馬姫様と鹿王子 1巻 (ヤングキングコミックス)』~奈良×仏像にファンタジー風味をプラス。作者さんの奈良愛が溢れる楽しい作品です!~
  • 『いじめられたお姫さま 中将姫物語』~當麻曼荼羅を織り上げた中将姫の物語を分かりやすく。大人も子どもも楽しめます。~
  • 『龍華記』~澤田瞳子さんの「南都焼討」がテーマの歴史小説。意外な展開に引き込まれます!~
  • 『孤鷹の天 (徳間文庫) 』~平城京にあった学問所・大学寮が舞台。歴史小説家・澤田瞳子さんのデビュー作!~
  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『天誅組―その道を巡る (京阪奈新書)』~奈良県内を中心に「天誅組」ゆかりの地をまとめたディープなガイドブック~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ